お気に入りの腕時計で電子マネー決済ができる!wena wrist leatherが発表

ソニーは3日、お気に入りの腕時計で電子マネー決済(楽天Edy)ができるFeliCaモジュール搭載の腕時計用レザーバンド「wena wrist leather」を12月下旬に8,380円(すべて税別)で発売することを発表した。また昨年発売したアナログ時計とスマートウォッチ機能を融合した「wena wrist」のステンレスバンドの単品販売を7月11日より開始した。

デザイン性の優れるwena wristを世に送り出したソニーだが、今回発表したwena wrist leatherは電子マネー決済に特化したもので、バンド交換ができる多くの腕時計に装着して利用する。

スマートフォン(スマホ)の通知や歩数計機能がないシンプルなもので、バッテリーを必要とするこれらの機能を非搭載にすることで、ガジェット感がない腕時計の交換バンドとして仕上げている。

今回はwena wrist leatherと単品販売が始まっているwena wristのステンレスバンドについて写真や動画を交えて紹介していく。


wena wrist leatherはバンド幅が22mmおよび20mm、18mmの3サイズとなる。カラーバリエーションは22mmと20mmが「ブラック」と「ターウニーブラウン」、18mmには「ホワイト」、「ワインレッド」、「ブラック」だ。すべて値段は同じ。


バンドの素材は国内加工のカーフレザー。ブラックやタウニーブラウン、ワインレッドは使い込むと革本来の風合いが楽しめる担任なめし革を使用。またホワイトはクリーンな発色のクロムなめし革を採用している。これらの革バンドにFeliCaモジュールの組み込みを手作業で行っているという。


FeliCaモジュールを生活防水仕様とすることで、腕時計のバンドとして取り扱いしやすいよう工夫している。一方で、本革素材であるため水との相性はあまり良くない。濡れた際にはすぐに拭き取るなど、メンテナンスを忘れずに行うことは必要である。


サンプルでは水没した状態でも電子マネー決済が可能だった。


電子マネー機能は、カード型の楽天Edyと同じもの。チャージは現金や専用端末、Edyチャージアプリで行う。FeliCaモジュールはバンドの側面にあり、リーダーにかざすだけだ。


FeliCaモジュールは革バンドの自然な曲げに対応できるものだが、従来のアンテナ構造では、腕に巻くと通信方向とアンテナの開口方向が合わないため、通信特性が変化しやすいのだという。そこで、腕に巻いた状態でもアンテナの開口方向がFeliCaモジュールへ向くよう設計しているとのこと。


一見ごく普通の腕時計だが、wena wrist leatherにバンド交換してあるのでガジェット感一切なしの電子マネー決済が可能なスマートウォッチとなっている。


ステンレスタイプのwena wristのバンドも単品販売する。バンド幅は22mmで「シルバー」が33,880円、「ブラック」が36,880円。18mmおよび20mmの腕時計に取り付けるためのエンドピースも発売する。シルバーの18mm、20mmのエンドピースが各3,000円。ブラックの18mm、20mmのエンドピースが各3,200円だ。


バンドのバックルの部分に通知用のLEDがあり、バイブレーションと光でスマホからの通知を知ることが可能だ。搭載するFeliCaモジュールには楽天Edyのほか、iDやANA Skipサービス、QUICPay、dポイントカード、ヨドバシカメラゴールドポイントカードとして利用できる。

【wena wristの外観を動画でチェック】

動画リンク:https://youtu.be/ma9vq64j_k8


腕時計の良さはそのままに、スマホと連携した通知機能や歩数計、電子マネーなどが利用できるのは、なかなか面白い。なお、バンドの取り付けは腕時計の形状によっては取り付けられないものもあるようなので、事前に確認してから購入した方が良いだろう。

[wena project] wena wrist Three Hands White WN-WT01W [エレクトロニクス]
Sony(ソニー)


[wena project] wena wrist Silver WN-WB01S [エレクトロニクス]
Sony(ソニー)



記事執筆:mi2_303


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Sony Japan | ニュースリリース | 電子マネー機能を搭載した腕時計用レザーバンド「wena™ wrist leather」を発売