北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は22日、韓国国会が、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型を試射した北朝鮮を非難する決議案を採択したことに対して「愚かな妄動」と糾弾する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

韓国国会の本会議で18日に採択された決議は、北朝鮮に対して核兵器の開発やミサイル発射などを今すぐやめるよう求めた。また、挑発行為は「最終的に金正恩政権の破綻と消滅を招きかねない」と警告した。

論評は、決議案の採択に対して「これは共和国の強大無比の核威力と前途洋々たる未来に恐れおののいた者の断末魔のあがきであり、米国の反共和国制裁・圧迫騒動に便乗する愚かな妄動である」と糾弾した。

また、「かいらい国会は同族の正当な自衛的核抑止力強化措置にむやみに言い掛かりをつける挑発行為をためらわずにこととしたことによって、歴史にもう一つの恥ずべき記録を残すようになった」と指摘した。

さらに、「かいらい国会の哀れな政治俗物らは意地悪な強情、無謀な無駄行為にすぎない自分らの妄動が悲惨な終えんを早める自滅行為になるということをはっきりと認識すべきである」と主張した。