ラックスマンがロングセラーのプリメインアンプを最新技術でブラッシュアップ

写真拡大 (全2枚)

 オーディオ機器のラックスマン(横浜市)は、新プリメインアンプL-505uXIIを8月下旬に発売する。2011年に登場、約6年間にわたって同社アンプラインアップの中核となってきたL-505uXのマークII版となる。価格は26万8,000円(税別)。

07 音質との関わりが深くアンプのキーデバイスである音量調整、より効率的に信号の歪みをとり除くためのフィードバック回路、これまで以上に短縮化を突き詰めた信号経路など、最新アンプ技術を投入。100W+100Wの大出力を得ながら、高音質との両立を図っている。

 最近の流れに従ってレコード再生のためのフォノイコライザー回路(MM/MC対応)を内蔵しているほか、豊富な入力系では高級機の証のひとつであるバランス入力端子も装備。プリ、パワー(メイン)アンプ回路のセパレート化、それぞれを単独に使うといった方法にも対応しているので発展的な使い方もできる。

 消費電力270W、サイズが幅440×高さ178×奥行454mm、重さ22.5kg。