スマホの後付け魚眼レンズがもっとキレイに撮れるようになった!

写真拡大 (全5枚)

スマホでの撮影をぐっと面白くしてくれる後付けレンズ。なかでも広角で撮影できる魚眼レンズは、自撮りはもちろん、ペットや風景も新鮮な仕上がりになるので愛用している人も多いと思います。ですが、正直なところ、これまでの魚眼レンズは枠に黒フチが目立ったりして思うように撮れないことも。そこで登場したのが、よりキレイに、フルフレームで撮影できる魚眼レンズ。迫力のある写真が楽しめますよ。

プレミアムギアから登場する「高品質 フルフレームフィッシュアイレンズ Neingrenze 4000F」(3780円)は、なんと238度のスーパーワイドレンズ。6重6組のHDガラスの構造になっているレンズなので、被写体の周囲が欠けてしまったり、ぼんやりするケラレや黒フチが入ったりすることなく、超広角の撮影が可能になります。

どれぐらい超広角かというと、何もつけずに撮影する場合と比べ、約2倍(面積比)の範囲を撮影できるというからオドロキ! しかも、いつもは撮れなかった風景だって撮影できます。

もちろん画像そのものの質もバッチリ! ドイツSCHOTT社のガラスレンズを搭載しており、鮮明でクリアな画像を撮れます。

しかもレンズとクリップはしっかりとした作りでハイグレードなアルミを採用。色合いもシックでスマホ本体のデザインを壊しません。50グラムと極めて軽いのもいいですよね。ちょっとした自撮り、風景撮影などもこれがあればインパクトのある写真に! 旅先に持っていけば大活躍しそうです。

>> プレミアムギア

 

(文/&GP編集部)