鶴竜が引退となれば稀勢の里への風当たりも厳しくなるか

写真拡大

 横綱昇進を果たしたばかりの稀勢の里が、わずか在位2場所で現役続行の土俵際に追い込まれている。故障を抱えたまま強行出場した名古屋場所では、2場所連続となる途中休場。稀勢の里の身に今、何が起きているのか──。

 中学を卒業してすぐに入門し、30歳にしてようやく横綱昇進を果たした“苦労人”が、かつてなく落ち込んだ様子を見せているという。田子ノ浦部屋関係者はこう話す。

「休場が決まって以降、横綱は宿舎でも言葉を発しているところを見せない。ずっと黙り込んでいて、親方とも話ができていない状態です。責任感が強いだけに、今場所の負け方は相当ショックだったのでしょう」

 稀勢の里は5月場所を11日目から途中休場。復活を期した名古屋場所でも、初日に御嶽海(関脇)、3日目に栃ノ心(前頭2)、5日目に勢(前頭3)に敗れ、6日目から休場に追い込まれた。

「3日目の栃ノ心戦までは、まだ言い訳もできた。ケンカ四つの相手に差し手争いで後れを取り、右から絞られての寄りに屈した。“得意の左が差せていたら”という思いもあったでしょう。

 しかし、5日目の勢戦は、同じケンカ四つの相手に対して左下手を取ることができた。そのまま前に出て盤石の相撲になるはずのところ、回り込まれて小手投げを許した。これまでと違って、負け方が悪すぎた」(二所ノ関一門の親方の一人)

 4横綱3大関が顔を揃えた名古屋場所は、初日から56年ぶりとなる「2横綱3大関に土」という大波乱の場所となったが、とりわけ懸念されているのが稀勢の里の容態である。休場に際して協会には「左足関節靱帯損傷で3週間の安静加療が必要」との診断書が提出された。

「今回、勢との一番で痛めた左足はそれほど深刻ではなく、休場の口実といったところでしょう。3月場所で負傷した左の肩と胸部もほぼ回復していたんですが、場所前の連合稽古で転倒し、左腕を再度、痛めてしまった。こうした“ケガの連鎖”は、誰とでも全力でぶつかり合う稀勢の里のようなガチンコ力士に必ずついてまわる。こうなると再起は難しいのではないかという声まで出ています」(担当記者)

 連続休場が決まると、八角理事長(元横綱・北勝海)は、「本来の自分の相撲が取れるようになるまで、納得のいくまで休めばいい」とコメント。待望の日本人横綱の復活を望む声が今のところは根強いが、その風向きがどこで変わるかはわからない。

「稀勢の里と同じく2場所連続途中休場となった横綱・鶴竜について、師匠の井筒親方が“次に出た時に休場することがあれば(引退を)決断する”と明言。稀勢の里にとっては、自分だけが特別扱いでいいのかというさらなるプレッシャーになるし、鶴竜が潔く引退した場合、稀勢の里に向けられる周囲の目線は厳しいものになりますよ」(前出の担当記者)

※週刊ポスト2017年8月4日号