キャストもスタッフも気になり過ぎるんですけど

はろう!呼ばれて飛び出るアタシよ! お久しぶりー! 今日はね、話題の新ドラマ『わにとかげぎす』(TBS系にて毎週水曜よる11時56分〜)のお話よ! まず、お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平が主演ってのがキモよね。そして『校閲ガール』でスカした今ドキ女子なのか!と思いきや、悦子(石原さとみ)に負けず劣らずパワーみなぎるイイ子だったんや〜ん!な森尾を好演した本田翼が、有田に恋する?ヒロイン的な立ち位置で。7月19日放送の第1話では総出演時間10秒くらいだったガラ悪いナゾのオンナに、コムアイ(水曜日のカンパネラ)。原作はアタシもだいぶ楽しませていただいたマンガ『行け!稲中卓球部』を書いた古谷実だっていうし。プロデュースは『逃げるは恥だが役に立つ』も手がけた峠田浩、演出は『カルテット』の坪井敏雄って、ヤバ過ぎじゃないの! もっちろんイイ意味で!!!

<耳マンのそのほかの記事>

自分の生き様に興味ない感じの主人公に有田がどハマり!

有田演じる主人公の富岡ゆうじってのが、結構ヤミーなのよね。彼女はおろか友達もなし、ショッピングセンターの夜間警備員として働く38歳。中1のときにクラスの女子たちから「富岡くんってなんか気持ち悪い」「生理的に受け付けない」と口々に言われてしまったことがトラウマなんだけど、どうやらそれ以前から人との接触を避けて生きてきたみたいなの。アタシ人が好き過ぎるから、接触を断つなんて絶対にムリだわ。で、なんかそのヤミーな感じがすんごい有田にハマってて、演技うまいのかな??って錯覚に陥ったのよ(笑)。いや、本当にウマいのかもしれないわ!! 第1話の中で一番気になったのは、お笑い芸人の有田としてテレビなんかでボケるときに発する、いろーんなニュアンスを含んだズルい感じの「えっ?」ってつぶやき。笑うとこじゃないのに笑えちゃう感じだし、なんか演出的にもフォーカスしてるっぽいし、とにかくたくさん出てきてツボったわ。数えてないけど。

本田翼とコムアイの2大女優?対決にも注目だわねー!

水曜日のカンパネラでお馴染み、コムアイは連ドラ初出演なのよね。銭湯からノーブラに白ワンピで出てくる初登場シーンがインパクト大で、なんかナチュラルにガラ悪い感じだし、しっかり危うさをまとった演技?してるし、かなり気になっちゃったわ。今後に要注目よ! 本田翼は富岡の隣人で、ドS?ツンデレ?っぽい雰囲気の羽田梓を演じてるんだけど、もしかしたらドMなのかも?って思うほど富岡に夢中だったりして。でもね、初回の30分じゃなーんにもわかんないのよーーーーーーっ! てことでこちらもナゾだらけ。でも……ドラマの中ではまだ名前も紹介されてないコムアイのほうが印象強かったと感じたのはアタシだけかしら? 不思議ねー。

(c)TBS

30分ドラマって、なんかいろいろイイわね

このドラマ、30分枠なのよ。だからCM飛ばせば本編は20分ちょい。これってわりとステキよね? 仕事後だってサクッと見終えられるし、何より前半何が起きたか覚えていられるサイズ感がたまらん(笑)。一気にお気に入りだわ。まだ第1話終わったばっかりだし、第2話放送前までは携帯アプリとかで初回のチェックもできるし、全然遅くないのよ! みんなアタシについていらして! そして来週水曜よる23時56分からはぜひ一緒にこのドラマをチェキりましょう! ほいじゃまたね。

[菊地ケロ]