ドラゴンボールZまでしか追えなくなった大人たちへ

世代を超えた人気アニメ『ドラゴンボール』シリーズ。初代『ドラゴンボール』は、フジテレビ系列で1986年に放送を開始。その後『ドラゴンボールZ』『ドラゴンボールGT』『ドラゴンボール改』と続き、現在は『ドラゴンボール超』が毎週日曜日9時から放送中。これに劇場版などの特別編を足すと、数え切れないほどのタイトルが世に送り出されている。

<耳マンのそのほかの記事>

『ドラゴンボール』『ドラゴンボールZ』に熱中していたものの、週刊少年ジャンプでの原作連載終了と共に話を追えなくなってしまった大人たちは多いはずだ。そんな元少年の大人たちは、現在までに登場している「超(スーパー)サイヤ人の種類の多さ」をご存じだろうか?

!?

超サイヤ人はこんなにいる!

超サイヤ人、超サイヤ人第二段階、超サイヤ人第三段階、超サイヤ人フルパワー、 超サイヤ人2、超サイヤ人3、超サイヤ人4、超フルパワーサイヤ人4、超サイヤ人ゴッド、超サイヤ人ゴッド超サイヤ人(超サイヤ人ブルー)、超サイヤ人ロゼ、伝説の超サイヤ人、擬似超サイヤ人、超サイヤ人怒り……。

書き出してみて自分でもびっくりしたが、なんと超サイヤ人はこれだけ存在しているのだ。これに界王拳など技を使って状態変化したバージョンを足すと、まだまだ増える。ちょっといくつか見てみよう。

・擬似超サイヤ人
完全には、超サイヤ人に覚醒しきれていない状態。金髪にならずに、白目をむき、理性は失われる。劇場版『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』で孫悟空が擬似超サイヤ人になっている。

・伝説の超サイヤ人
千年にひとり現れる、純粋に破壊と殺戮を好む最強の戦士で、劇場版『ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ』などに登場するブロリーが超サイヤ人に変身した状態を指す。白目になり、筋肉が何倍にも盛りあがり、性格も凶暴に豹変する。

・超サイヤ人4
超サイヤ人3までは『ドラゴンボールZ』までで拝めるのだが、この超サイヤ人4は、続編の『ドラゴンボールGT』で初登場する。今までの超サイヤ人と違い、髪は黒く逆立たない。その代わりに猿人のような姿になり、サイヤ人が本来持つ大猿に変身する力を元にした超サイヤ人だ。孫悟空、ベジータ、ゴジータ(悟空とベジータがフュージョンして合体した人物)、ブロリ-、孫悟飯が変身できる。

・超サイヤ人ゴッド
劇場版『ドラゴンボールZ 神と神』『ドラゴンボール超』に登場。正しい心を持ったサイヤ人6人のうち5人が、自らのエネルギーをひとりに注ぎ込むことで、変身可能となる。オーラは赤く、全体的に細くなる。悟空が変身している。

・超サイヤ人ゴッド超サイヤ人(超サイヤ人ブルー)
早口言葉のようなこの超サイヤ人は、劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』とテレビ版『ドラゴンボール超』に登場。青い髪と青い眼が特徴で、冷静に戦うことができる。超サイヤ人ゴッドの気を体内に取り込んだことのある悟空、ベジータ、ベジットが変身可能。その強さは超サイヤ人ゴッドを上回る。あまりにも名前がややこしいので、テレビ版では『超サイヤ人ブルー』に改名されている。

超サイヤ人ロゼ

そして、現時点で最強と言われているのが超サイヤ人ロゼだ。ロゼカラーの非常に美しい超サイヤ人で、ゴクウブラックが変身する。

ゴクウブラックは『ドラゴンボール超』に登場するキャラクターなのだが、このゴクウブラックは実は悟空ではない。ゴクウブラックの正体はザマスである。ザマスといっても、現代のザマス、未来のザマス、平行世界のザマスと3人のザマスが存在する。その中のひとり、平行世界のザマスこそが、ゴクウブラックなのだ。では、ザマスって一体なんだ?という話になる。このザマスというのは、芯人と呼ばれる特殊な種族で、第10宇宙の北の界王だ。つまり、超サイヤ人ロゼは、ゴクウブラックであり、平行世界のザマスであり、第10宇宙の北の界王の芯人ということになるため、超サイヤ人ロゼはサイヤ人ではないということに……。

みなさーん!!ついてきてますかー!!

とりあえず、現在最強と言われる超サイヤ人は、サイヤ人ですらなかった。現在放送中の『ドラゴンボール超』には、さらに強い神たちが多数存在する。これからもどんどん新しい超サイヤ人は生まれていくだろう。超サイヤ人の複雑な事情はもうどうしようもないが、早いとこ『最強の超サイヤ人』の座はサイヤ人に取り返してほしいものだ。

[HEW]