初写真集「ガールフレンド」でセクシーショットを披露する新木優子

写真拡大

 女優、モデルとして人気急上昇中の新木優子(23)が22日、都内で、初写真集「ガールフレンド」の発売記念イベントを行った。放送中のフジテレビ「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜」で月9ドラマに初出演し、「やってみたかった」という医師役に初挑戦。初写真集では初のセクシーショットを披露した。充実した“初もの尽くし”の夏を迎えている。

 結婚情報誌「ゼクシィ」の8代目CMガールとして注目を集め、現在はカフェレストラン「ガスト」など4社のCMに出演中。黒髪ロングの清楚(せいそ)なルックスと抜群のスタイルが大きな“武器”で、この日も1000人のファンが駆け付ける人気ぶりだ。

 写真集はスペイン・バルセロナで撮影。下着風の衣装に身を包んだセクシーショットは「雑誌ではなかなかやることがないので、ちょっと“肌感”が多いのもやってみよう」と思って挑んだといい、「ファンの方も気に入ってくださったみたいで良かった」とホッとした様子。全体の出来を聞かれると「自然な私を見せることができた。120点!」と笑顔をはじけさせた。

 今年4月から立て続けに連ドラ3作に出演。「いろんな方に知っていただけている実感はひしひしあります」と手応えを感じているようで、「自分の演技に納得できる女優さんになりたい」と意欲を見せていた。

 ◆新木 優子(あらき・ゆうこ)1993年(平5)12月15日、東京都生まれの23歳。14年から「non―no」専属モデル。今年1月公開の映画「僕らのごはんは明日で待ってる」でヒロインを務めた。身長1メートル65。