安倍晋三公式サイトより

写真拡大

 支持率急落で政権が危険水域に入ったと言われている安倍首相だが、一方でこの間、しきりに流れているのが「持病の潰瘍性大腸炎が再び悪化している」という体調悪化説だ。

 今月初めのG20の後、北欧外遊中には「帰国後すぐに入院する」という情報が流れ、「日刊ゲンダイ」などが報道。次に先週の三連休をほとんど自宅で過ごしたことから、再び入院説が流れた。

 結局、いずれもがガセで、今週、安倍首相は普通に公務、政務をこなし、夜も岸田文雄外相などと食事もしているが、その後も噂は止まらない。

「いまは小康状態だが、潰瘍性大腸炎の特効薬であるアサコールがきかなくなっている」「アサコールの副作用で、肝機能障害が起きている」さらには「主治医が辞職を促した」「ガン化したことがわかった」などという怪情報までは流れ、「週刊朝日」(7月28日号)も体調悪化説を記事にしている

 いったい真偽はどうなのか。取材してみると、安倍首相の体調悪化説は流言蜚語の類でなく、一定の根拠をもった情報であることがわかった。

 その根拠のひとつは、6月9日に起きた騒ぎだ。安倍総理はこの日、昭恵夫人と一緒に都内のピザ店で結婚30年の会食を楽しんだ後、午後10時すぎに東京都渋谷区の自宅に帰った。首相の一日を伝える新聞各紙の「首相動静」はここで終わっている。しかし、実際にはその2時間後、慶応義塾大学病院に所属する主治医のT医師が急きょ呼ばれ、深夜の騒ぎになったというのだ。民放の政治部記者が言う。

「T医師は総理の自宅そばのマンションに住んでいるんです。いつでも駆けつけられる態勢になっています。さらに問題はその翌日のできごとでした」

「首相動静」によれば、翌10日午後2時すぎ、六本木の「グランドハイアット東京」内にあるフィットネスクラブに入り、3時間も運動にいそしんだことになっているが、実際は潰瘍性大腸炎が悪化して治療を受けていたのではないかというのだ。前出の政治部記者は言う。

「ホテル内の別の部屋に主治医を呼んで、検査機器をもちこんだのではないかという話まで流れました」

 一連の経緯は新聞・テレビでは報じられなかったが、各社ともこの事実を把握。一斉に取材を始めたのだという。しかも、取材の結果、一部の社は極秘入院の準備を進めていることをキャッチした。今度は全国紙の政治部デスクの話。

「取材からも潰瘍性大腸炎が悪化していることは間違いない。ただ、8月には内閣改造を控えているため、官邸から離れて入院するわけにはいかないので、公務、政務をこなしながらの極秘入院を検討しているとの情報が官邸から入ってきた。主治医のいる慶応病院はマスコミにマークされている可能性があるので、首相官邸にほど近い総合病院に極秘入院を打診したという話もあった」

 さらに、この極秘入院は新たな治療法を試みるためではないかとの情報もあるという。

「主治医たちは、すでに漢方医の協力も得て、東洋医学も試すなど、さまざまな治療に当たっているようだが、極秘入院がもちあがっているのは、健康な人の便に含まれている腸内細菌を患者の腸内に植え付ける『便移植』をやるためではないかとの情報もある。便移植は、欧米を中心に潰瘍性大腸炎などの新しい治療法として注目されているものですが、国内ではあまり例がない。信ぴょう性がどこまであるかわかりませんが」(前出・大手紙政治部デスク)

 いずれにしても、安倍首相の体調悪化説はかなりリアリティのある話であることがわかってきたが、しかし、ここにきて、永田町では全く逆の、仮病説も流れている。その理由は、体調悪化説がもっぱら、官邸周辺から流れているからだ。

「外遊にも医師が1人ついていったようだし、帰国後もかなり顔が赤くむくんでたるため、首相の体調がよくないのはたしかだろう。ただ、普通なら、首相の健康不安は求心力低下につながるため、官邸は必死で打ち消すはずなんだが、今回は官邸があまり情報を否定しないんだ。それどころか、内調関係者はむしろ積極的に、体調がよくないようだなどという情報を流している。そのため、加計学園問題での支持率低下と追及をかわすため、意図的に病気説を官邸が流しているんじゃないかという情報もある。『体調が悪化しているのに、命をかけて政治に取り組んでいる』という印象を与えて、イメージを回復させようとしているんじゃないか、と。あるいは、病気を理由に閉会中審査から逃げるための伏線じゃないかといううがった見方まで流れているね」(政界関係者)

 安倍首相の体調が本当に悪化しているのか、あるいは、加計問題をかわすための仮病なのか、残念ながら現段階ではこれ以上の判断はつかない。しかし、どちらにしても、安倍首相は一刻も早く総理の椅子からおりるべきだろう。それが、国民のためになることは間違いないのだから。
(野尻民夫)