夏の暑さに対応するためには、快適な寝具選びが大切です。皮膚に触れた時に感じる肌触りは、体感温度とリンクしているのでとても重要。そのため、寝具の生地があまり良いものではなかったり、暑苦しいものであれば寝心地も悪くなってしまいます。さらに、使われている生地や素材により体感温度まで変わってくるので、暑苦しく感じるものであればちゃんとした眠りにもつけず、疲れもたまってしまいますよ。快適な睡眠を得るためにも、季節に合った寝具をとり入れていきましょう。

夏用のシーツで快適な睡眠!

冬も夏も同じシーツを使っていませんか? 冬になれば厚手の敷きパッド、夏になれば冷たさを感じる敷きパッドといったように、季節によって敷きパッドだけを変える人が多いようです。しかし、本当は季節ごとにシーツを変える必要があります。その理由は、湿度によって体感温度が異なるためです。
湿気でこもった状態になりやすい敷きパッドは、湿気対策ができていないと寝苦しさを感じる原因になってしまいます。また、シーツが汗を吸い取ってくれないと、夜に目覚めてしまうこともあります。夏には夏用のシーツを使って肌触りの良さを感じた方が、心地良く眠ることができます。

オススメの素材はリネン

健康食品でもおなじみの、フラックスシード(麻の実)をご存じですか? フラックスというのは麻の一種で、その麻を使った生地をリネンと呼びます。麻には他にも種類がありますが、シーツ選びにおいて肌触りを重視したいなら、フラックスから作られているリネンシーツがオススメです。湿気の多い夏でも通気性が良いため、汗で湿ったり寝心地が悪くなることもありません。

タオルケットを蹴っ飛ばしちゃうなら…

夏になると、寝る時にかけるものを毛布からタオルケットに変える人がたくさんいるのではないでしょうか。しかし、体にまとわりつくタオルケットは、つい蹴っ飛ばしてしまいがち。タオルケットはコットン素材でできているものが多く、重く感じやすいものです。そのため、できれば軽いものを選ぶようにすると体感的にも暑さを感じにくく、さらに寝返りも打ちやすくなるために、蹴っ飛ばすことがなくなってきますよ。

夏の寝具は軽さ重視で!

汗で肌に貼り付きやすいタオルケットで眠気を妨げないように、通気性が良く軽さを感じる掛け布団を探してみましょう。最近では夏用の軽い羽毛掛け布団があるので、そういったものを選ぶのがオススメです。また前述したリネンを使ったガーゼタイプの掛布団もあります。肌触りが良いので体感温度もぐっと下がり、暑い夏でも気持ち良く眠ることができます。夏は冬とは違う寝具を使って快適な睡眠を得られるようにすれば、暑さからくる疲れも吹き飛びますよ!