ミランがバイエルンに4-0で圧勝した

写真拡大

[7.22 ICC バイエルン0-4ミラン]

 インターナショナル・チャンピオンズ・カップの中国ラウンドでミラン(イタリア)がバイエルン(ドイツ)に4-0で勝利した。

 ミランは前半14分、エリア内をワンタッチのパスワークで崩すと、こぼれ球をMFフランク・ケシエが押し込んで先制。同25分にはFWパトリック・カットローンがFKを頭で合わせて追加点を奪う。止まらないミランは同43分にも鮮やかなパスワークからカットローンのゴールで突き放し、前半だけで3点のリードを奪った。

 そしてミランはメンバー全員を入れ替えたあとの後半43分、昨季までFW本田圭佑がつけていた背番号10を今季より背負うMFハカン・チャルハノールがミドルシュートを決めて、快勝劇を締めくくった。

 一方のバイエルンは攻撃陣が噛み合わず無得点。特に新加入のFWハメス・ロドリゲスが出場した後半には猛攻を見せる場面もあったが、GKジャンルイジ・ドンナルンマの好セーブに遭うなど、最後までゴールを奪うことが出来なかった。


●ブンデスリーガ2017-18特集

●セリエA2017-18特集