レアル・マドリーの新10番はモドリッチに決定!

写真拡大

▽22日、レアル・マドリーが公式サイトを更新し、クロアチア代表MFルカ・モドリッチが空番となっていた背番号「10」を着用することが判明した。

▽マドリーの10番は11日、昨シーズンまで着用していたコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがバイエルンへの移籍を発表して以来、空番に。世界でもトップを争う名門クラブのエースナンバーが空いていることから、ビッグネームの移籍も囁かれてきた。しかし、チームに多大な貢献をしてきたモドリッチが10番を手にすることで決着。22日時点で大々的なアナウンスはされていないが、クラブ公式サイト上の選手紹介ページの背番号が更新され、判明した。

▽モドリッチは2012年8月27日に、トッテナムからマドリーへ加入。移籍初年度から公式戦53試合に出場し4得点9アシストの活躍をすると、それから5シーズンで3度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を果たすチームの心臓としてサポーターに愛されることに。クラブからも「チームに豊富な戦術オプションを提供するユーティリティプレーヤー」「エル・ブランコ(レアル・マドリー)の中盤をスキルでカバーし、攻撃を組み立てる能力を備えたミッドフィルダー」と評されるモドリッチは、レアル・マドリーで通算214試合に出場し、10度のタイトルを獲得。史上初のCL連覇チームの中心選手として、あらゆる栄光を手にしている。