中島健人「ここさけメンバーマジで大好き!」、映画『ここさけ』初日舞台挨拶

写真拡大 (全4枚)

 実写映画『心が叫びたがってるんだ。』が22日、公開初日を迎え舞台挨拶イベントが東京・TOHO シネマズ新宿で実施された。ステージには中島健人と芳根京子、石井杏奈、寛一郎、熊澤尚人監督が登壇した。

 同作は本音が言えない主人公・坂上拓実(中島健人)と喋ると腹痛に襲われてしまうヒロイン・成瀬順(芳根京子)、拓実と付き合っていた過去を持つ仁藤菜月(石井杏奈)、野球部の元エース・田崎大樹(寛一郎)、4人を中心に描かれる学園ラブストーリー。

 イベントは中島の「愛すべき今日、愛すべき皆様にお会いできて、心が叫んでいます」とのあいさつからスタート。同作の見どころについては「この作品の肝となるミュージカルシーンは注目して欲しいです。歌や踊り、そこに込められたメッセージを皆さんに楽しんで欲しいです」と語り、続けて「監督から『ここは、ケンティでいてくれ』という許可が下りたので」と言い、熊澤監督も「王子禁止と王子解禁と2つありましたね(笑)」とポイントを説明。また、芳根は同じ質問に「全部! ほんとに全部見てほしいなと!(笑)」と話すと、会場からは笑いが起こった。

 さらにイベントでは「初日を迎えた今、ここで叫びたいこと」というお題が与えられ「ここさけ」であいうえお作文を披露する場面も。トップバッターの寛一郎は「こんにちは」、石井が「このメンバーで、ここまでこれたのも」、芳根が「最高に最強な座長のおかげです。そんなウチの座長はー」 と続き、「ケンティです(笑)」と最後を飾った中島は「ここさけメンバーマジで大好き!」とメンバーへの愛を爆発させた。

 最後は中島が「言葉の色、重み、大事さを大切にしている作品です。この作品は皆さんにとって、色んな捉え方があると思います。でも、『ここさけ』の製作陣がやりたいとしっかりと言葉にしてくれて話してくれたからこそ、熊澤監督が『このメンバーを揃えたい』としっかりと言葉にして言ってくれたからこそ、今、皆さんと素敵な時間を共有できていると思います。言葉は人を強くしますし、最高の失恋映画で、皆さんの明日がよりよいものになると信じています。『ここさけ』を愛してください!」と締めくくり、「最高の青春が皆さんの未来に待っています! 最高の青春を! 最高の青春を過ごしてください!」と叫びながら会場を後にした。