菅田将暉&阪口大助

写真拡大

 空知英秋氏の人気漫画を、小栗旬主演で実写映画化した「銀魂」の大ヒット御礼舞台挨拶が7月22日、東京・新宿バルト9で行われ、志村新八役の菅田将暉、福田雄一監督が出席した。さらにこの日はアニメ版で新八の声優を務める阪口大助がサプライズで登場。まさかの“ダブル新八”の初顔合わせに、場内は大歓声に包まれた。

 7月14日から全国335スクリーンで封切られた同作は、初日からの4日間で興行収入約9億8000万円の大ヒットスタート。その後も順調に記録を更新し続け、21日までの8日間で観客動員104万4770人、興収13億7339万1100円を叩き出している。登壇した福田監督は開口一番、自身のシャツを示して「実はこの服、菅田君がつくってくれたもの。昨年の誕生日にもらったんです。公開初日に着ようかなと思ったんですが、大ヒットしたら菅田君と2人で舞台挨拶ができるんじゃないかと思って。着るのをとっておいた」と告白。その言葉を受けて「顔、嘘ついているー」と茶化した菅田だったが、「とても嬉しいです」と急きょ舞台上で記念撮影を始めていた。

 この日はアニメ版の映像が流れた後、福田監督が「声優もやっちゃえば?」と提案。すると唐突に「へいへいへい! 勝手に話進めるなよ! じゃあ僕が“ファンタ”やっていいですか?」と声が響き、阪口が登場。観客と同じく阪口の登壇を聞かされていなかった菅田は「まさか…」「えー!」と驚きっぱなし。「公開アフレコの動画とかめっちゃ見てましたよ!」と興奮気味の菅田に対し、阪口は「僕なんか(菅田が出演した)『情熱大陸』、めっちゃ見ましたよ」と切り返した。また菅田以上にハイテンションだった福田監督は、新八のツッコみである「『オイィィィ!』が聞きたい」とリクエスト。阪口が快く応じると、「菅田バージョンも負けてない」と振られた菅田は全力で「オイィィィ!」を披露し、場内を沸かせていた。

 「ひとりでひっそりと映画を見に行った」という阪口は、「菅田君の新八は完璧だった」と絶賛。「いま動揺が…本当に緊張しますね」と心境を吐露した菅田は「この世界、色んな人に会うじゃないですか。でも、この出会いは別格に緊張する」としみじみ。そして福田監督が「もうちょっと大ヒットすると3人そろってきてくれるんじゃない?」と実写版の小栗、橋本環奈、アニメ版の声優・杉田智和、釘宮理恵もそろう舞台挨拶に思いを馳せると、菅田は「ドリームっすねー」と実現を願っていた。

 なお、15日から配信がスタートしたdTVオリジナルドラマ「銀魂 ミツバ篇」は歴代1位の視聴者数を獲得。そして7月30日には、映画版、ドラマ版の大ヒットを記念したイッキ見上映会が開催されることが決定した。当日は映画版に加え、dtv版3話分を併映し、キャスト&スタッフによる舞台挨拶も予定している。