コーヒーが飲みたいけどカフェが近くにない、自分で淹れる暇もない……コーヒーがいつでもすぐに飲めたらとお悩みの方にぴったりの、コーヒーが淹れられるスマホケースが登場しています。

コーヒーとスマホケース。すぐには結びつかない組み合わせですが、イタリアのベンチャー企業、SmartK社が実際に開発した製品です。

まずはスマホケースから熱いコーヒーが注がれる様子をご覧ください。

こちらはスマホケース“MOKASE”の紹介動画です。ある女性に見とれた男性が「ごめんなさい、急いでいるの」と言う女性にコーヒーを飲まないかと誘うストーリーはさすがイタリアです。

1回で25mlのエスプレッソが飲める

スマホケース「MOKASE」はエスプレッソマシーンが内蔵されたスマホケース。コーヒーの入ったカートリッジをセットします。

www.mokase.it

専用アプリをタッチすると5秒から8秒で発熱し、1回で25mlのエスプレッソコーヒーが出来上がります。

www.mokase.it

発熱するとなるとスマホ本体への影響が気になりますが、断熱システムが施されており、飲料が流れ出る部分とスマホ本体の部分とは接触しない設計になっているそうです。

www.mokase.it

ケースの大きさは女性の手にも収まるサイズ。バッテリー自体は35✕60✕5mmと、想像よりかなりコンパクトではないでしょうか。

www.mokase.it

ケースの中にコーヒーの粉が入った専用カートリッジがあり、約3ヶ月間は入れっぱなしでも新鮮に保てるそう。

www.mokase.it

コーヒーは多くの人が好むクラシック・トースト・アラビアの3種類を用意しています。

www.mokase.it

対応しているスマホはiPhone6, 6s,7,7plusのほか、SAMSUNGやHUAWEI P8,P9などのAndroidスマートフォンにも適応しています。

リチウムイオンバッテリーが搭載され、USBケーブルで充電可能。コーヒーを飲むカップの心配も無用で、専用の折りたたみ式カップも用意されています。

意外に安い?価格は1万円以下

気になるお値段ですが、スマホケース本体は49ユーロ(約6500円)、コーヒー3杯分で25ユーロ(約3200円)。ちょっと高級なスマホケースといったところでしょう。

ケースの色は2色用意されています。

www.mokase.it

www.mokase.it

現在は“MOKASE”のオンラインストアで注文を受け付けており、出荷は2017年9月1日以降になるそうです。

冗談みたいなアイデア商品ですが、普通のスマホケースに飽きた人、コーヒーをいつでも飲みたい人にはぴったりのアイテムではないでしょうか。

エスプレッソマシーンもスマホに近いサイズになるほど小さくできることにも驚かされますね。