横浜DeNAが7月22日、対巨人14回戦に1対3で敗れた。最終回にランナーを貯めて反撃するも返しきれず、初回の守備の乱れから招いた失点を取り返しきれないままゲームセットとなった。アレックス・ラミレス監督(42)は「初回の3失点でゲームが決まってしまった」とゲームを振り返った。インタビューの内容は以下の通り。

―非常に惜しいゲームでした。

 最終回は非常にエキサイティングな展開になりましたが、やはり初回の3失点で試合が決まってしまったのかなと思います。

―先発の飯塚悟史投手についてはいかがでしたか?

 初回の3失点、1度の失投がホームランになってしまったが、それ以外は全体的に悪くなかったと思います。

―今後も飯塚投手にはチャンスは与えられるのでしょうか。

 それについては今後考えていきたいと思います。

―明日への意気込みをお願いします。

 明日は明日でしっかりと準備をして、勝ちにいきたいと思います。

(C)AbemaTV

▶DeNAの主催試合の放送はこちらから

▶DeNAの過去の名シーンはこちらから