2017年7月22日(土)に「連載20周年」を迎えた『ONE PIECE』は、「20」のアニバーサリーキャンペーンを実施中。その目玉となる「20」番目の超大型企画として、『ONE PIECE』のハリウッド版実写ドラマ化プロジェクトがスタートした。

 プロジェクトのパートナーは、超人気海外ドラマ「プリズン・ブレイク」などを手がけたマーティ・アデルスタイン氏が率いる「TOMORROW STUDIOS」。原作者である尾田栄一郎氏と集英社との共同でのプロジェクトとなる。原作者 尾田栄一郎氏からのメッセージには、数々のメディアミックスを超えてついに実現する超体験への想いが綴られている。



■原作者尾田栄一郎氏からのメッセージ(色紙画像内容と同一)

20年の間に実写映画化の話はいくつもありました。僕が実写化に踏み出そうと決めたのは約3年前、紆余曲折あり、良いパートナーに出会い、ちょうど20周年を迎える今日、その製作発表に至ったのは実は偶然であり、とても嬉しく思います。まず「20年間作品を支えてくれているファンを絶対に裏切らない事。」これが僕からの条件です。不安の声もあがるでしょうがどうか期待の声をください。そして、胸を躍らせ、続報をお待ちください。お楽しみに!!



■集英社からのメッセージ

今回、Tomorrow Studiosと共に、 『ONE PIECE』の実写ドラマ化に取り組むことを光栄に思います。マーティは非常に作品に理解があり、ドラマ化の方向性も我々と一致しているので、原作者の尾田栄一郎の意向を十分に反映した実写化が可能だと考えています。原作者からのメッセージにもありますようにこれまで数々のハリウッド実写映画化の話をいただきましたが、『ONE PIECE』の壮大な物語を映像にするためには、潤沢な制作予算や素晴らしいスタッフが参画する近年のハリウッド実写ドラマの隆盛を見ても、ドラマシリーズが最適であると思います。



■TomorrowStudiosからのコメント

私は20年間にわたる『ONE PIECE』のファンです。今回、集英社と尾田氏がこのような大切な作品の実写ドラマ化を私たちTomorrow Studiosに託してくれたことを大変光栄に思います。私の持っている全てをかけて、『ONE PIECE』のシリーズを絶対に成功させる意気込みです。本作品はTVシリーズ史上、最も制作費が高い作品になると思います。そして世界中からの注目度を考えると、このような規模の制作費を投じるべき価値があると考えています。



■「Tomorrow Studios」とは

Tomorrow StudiosはCEOのマーティ・アデルスタインとITV Studiosとのジョイントベンチャーで、TVドラマやコメディの企画開発、製作を行い、それらの作品はITV Studios Global Entertainmentによって配給されている。同社を率いるアデルスタインとベッキー・クレメンツ(President)は数々の作品で成功を収めている。代表作はTNTでミシェル・ドッカリー主演の「Good Behavior」の第2シーズンが放送予定。他にもTNTでは2つの番組のパイロットの製作が決定している。1つはジョシュ・フリードマンが脚本を、スコット・デリクソンが監督を務める同名映画のTVシリーズ化作品「Snowpiercer」、もう一つはリズ・サーノフが脚本、マーガレット・チョーが主演を務める、チョーの半自伝的作品である「Highland」。



▶︎ AbemaTV(アベマTV)では「 アニメ24チャンネル 」「 深夜アニメチャンネル 」「 新作TVアニメチャンネル 」「 家族アニメチャンネル 」「 なつかしアニメチャンネル 」の5つの専門チャンネルで、多彩なジャンルのアニメ作品を毎日放送中。