横浜DeNAが7月21日、対巨人13回戦を3対3で延長12回の末引き分けた。3点リードされたところからの引き分けに、アレックス・ラミレス監督(42)は「我々にとっては良かった」と勝ちに等しい引き分けだったと語った。インタビューの内容は以下の通り。

―ロングゲームになりましたが、今日の試合の一番のポイントはどこだったでしょうか。

 キーポイントはリリーフが頑張ってくれて同点に持ち込めたことですね。同点になってから、リリーフ陣が非常によく頑張ってくれたと思います。

―0対3とリードされたところから追いついたので勝ちに等しいのか、それとも勝ちたかったか、いかがでしょうか。

 同点に持ち込めて、負けずに引き分けで終われたので、我々にとっては良かったと思います。

―明日は菅野投手という好投手が相手ですがどんなイメージで戦いますか。

 明日は勝ちたいと思いますので見ていてください。

―明日は勝利を期待しています。

 もちろん。Tomorrow is another day(明日は明日)。

(C)AbemaTV

▶DeNAの主催試合の放送はこちらから

▶DeNAの過去の名シーンはこちらから