巨人のマギー内野手(34)が、セカンドの守備でビニール袋相手にナイスプレーを見せた。

 7月21日に行われた横浜DeNA対巨人13回戦、マギーは5試合連続で「2番セカンド」でスタメン出場。本来マギーはサードもしくはファーストを守ることが多かったが、このところ阿部、村田と同時に出場するためセカンドを守る機会が増えていた。

 2回の横浜DeNAの攻撃中、2アウトランナーなしで嶺井が打席に入った時にグラウンド内にビニール袋が舞うハプニングが。試合は一時中断したが、セカンドの守備位置付近を宙に舞っていたビニール袋を、マギーがジャンプ一番キャッチ。場内が歓声に包まれると、AbemaTVのコメント欄でも「ナイスプレー!」「ファインプレー」の書き込みであふれていた。

 一方、5回の守備ではゴロをさばけず手痛いエラー。この時ばかりは厳しい表情だった。

(C)AbemaTV

▶DeNAの主催試合の放送はこちらから

▶DeNAの過去の名シーンはこちらから