小さなお子さんのいる家庭では、手洗いや掃除で抗菌は必須ですが、普段はなるべくナチュラルな素材で菌を抑えたいですよね。「液体石けんに殺菌効果のあるエッセンシャルオイルを混ぜると、手洗い用の抗菌ソープになります」と語るのは環境NGO代表の岩尾明子さん。ふきんの洗濯や、夏に向けて蒸れやすい足の指の間などを洗うのにも向いているそう。詳しいつくり方などを教わりました。

<液体石けん+エッセンシャルオイル>混ぜるだけで抗菌効果を発揮「抗菌ソープ」


無香料のシンプルな液体石けんにティーツリーかラベンダーのエッセンシャルオイルを混ぜるだけで、手洗い用の抗菌ソープが完成!抗菌効果があるので、ふきんや赤ちゃん用の衣類などの洗濯にも便利です。

[材料とつくり方]


ボウルに液体石けん1カップを入れ、ティーツリーまたはラベンダーのエッセンシャルオイル150滴(小さじ4)を加え、スプーンでよく混ぜる。ガラスかポリプロピレンのポンプボトルに入れる。


※エッセンシャルオイルを使うときは、変色や変形する可能性があるのでプラスチックのスプーンは使わないこと

[保存期間]

約6か月

「抗菌ソープ」はこんなときに使えます

●毎日の手洗いに


抗菌手洗い用石けんとして、毎日使って。指と指の隙間や手首までつけて丁寧に洗いましょう。

●足の指の間の蒸れやすい場所の部分洗いにも


靴やサンダルを履いているときに足の指の間が蒸れると、雑菌がたまっていやなにおいのもとに。抗菌ソープで毎日洗うことを習慣にすれば、清潔な足元をキープできます。

●ふきんの洗濯に


手づくりの自然素材ソープで、毎日の抗菌洗いもナチュラルに雑菌を除去したいふきんの洗濯にも便利。濡らしたふきんに抗菌ソープをつけ、よく泡立てて汚れを落とし、水ですすぎます。さらに日光に当てて干し、しっかり乾かしておくと安心。

●使用したナチュラル素材をおさらい

・液体石けん、粉石けん

水にも油にもなじむ自然の界面活性作用があり、油汚れなどに効果が。人工的な香料や界面活性剤が入っておらず、表示に「純石けん」「石けん素地」などと書いてあるものを選んで

・エッセンシャルオイル

植物から抽出された有効成分を凝縮。ラベンダー、ティーツリー、はっか油などが使いやすい。天然成分100%のものを選ぶこと。妊娠初期の人や赤ちゃんのいる家庭では使用を避けて

(※肌に直接触れるものは、使う前に必ずパッチテストをしてください。腕の内側に少量つけて半日ほど様子を見て、異常を感じたときは、すぐに中止して洗い流すこと。湿疹やかゆみが消えない場合は、すぐに医師の診察を受けてください)

【監修/岩尾明子さん】
インターネットサイト「地球に優しいお掃除」を運営する環境NGO「クリーン・プラネット・プロジェクト」代表。重曹、酢、石けんなどの自然素材を使った掃除をはじめ、ナチュラルで質の高い暮らしを追求。著書に『重曹でナチュラルベビーケア』(主婦の友社刊)、『手づくり洗剤レシピ 重曹・酢・石けん』(NHK出版刊)などがある

<撮影/山田耕司 イラスト/木下綾乃>