“W新八”の登場に会場も大盛り上がり!

写真拡大

累計発行部数5100万部を超える空知英秋の人気コミックを実写映画化した『銀魂』(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶が7月22日に新宿バルト9で開催され、新八役の菅田将暉と福田雄一監督が出席。アニメ版で新八を演じる声優・阪口大助がサプライズで登場し、「菅田くんの新八が完璧だった」と感想を明かした。

【写真を見る】菅田将暉、メガネ姿で登場!アニメ版新八役の阪口大助の登場に大喜び

本作は、万事屋(よろずや)を営む坂田銀時(小栗)と仲間たちが、奇想天外な冒険を繰り広げる様を描く痛快エンタテインメント映画。7月14日より公開となり、21日までの8日間で、動員は100万人を超え、興行収入は13億円を突破する大ヒットとなっている。

阪口の参加は菅田と観客にはまったく知らされておらず、阪口が登場すると菅田は「ええ!?」と目を丸くして驚き、「知らなかった。うわ、うれしい!」と大感激。福田監督が「すごい!めっちゃときめきます!」と熱い思いを吐露すると、菅田は「ときめきますね」と喜びを噛み締めながらも、「いつもいろんな人に会うけれど、別格に緊張する」と緊張の汗をかいていた。

「公開前から映画を楽しみにしていた。ひっそり一人で観に行った」という阪口は、「菅田くんの新八が完璧だった」「初っ端から新八だった」と同じ役を演じる菅田を絶賛。菅田は「マジっすか!?」と大きな笑顔を見せ、福田監督は「うれしいね!めちゃうれしい!(銀時役の)杉田(智和)さんとか阪口さんとか、(神楽役の)釘宮(理恵)さんが、『実写を応援します』とか言ってくれると涙が出てくる」と感動のあまり、瞳を潤ませるほど。

実写化の企画を大いに楽しんでいる様子の阪口に、福田監督が「続編とかあったら出てくれますか?」と実写版へのオファーをする一幕もあった。阪口は「いやいやいや、それは実写の人がやった方が」と尻込みしつつも、「うっすら天人のなかに入っているとか」と被り物系のキャラクターでの出演を提案し、会場を爆笑させていた。

阪口と菅田の二人が「おいいいいっ!」と新八のセリフを再現するなど、“W新八”の共演に会場も大盛り上がり。笑い声の絶えない舞台挨拶となった。【取材・文/成田おり枝】