「旦那不在なので僕が」出産をひかえた愛犬と一緒にマタニティーフォトを撮影した男性 / 愛情たっぷりの表情にご注目♡

写真拡大

臨月に近い大きなお腹の状態で記念写真を撮影する“マタニティーフォト”。モデルなど有名人の影響からか、日本でもすっかり定着しつつあります。

フェイスブックでマタニティーフォトを披露していたのは、ハイジという名のワンコ。9週目に入って出産までカウントダウンに入ったハイジが大きなお腹を見せて「ハイチーズ☆」しているわけなのですが……その隣にいるのは、人間の男性1名。

愛おしそうにお腹を撫でるその様子が、まるでハイジの旦那さんみたいなんですけども!?

【お父さん役を買って出る】

男性の名前はコリンズ(Daquan Collins)さん。ハイジの飼い主で、年齢は20歳です。

海外サイト「Bored panda」によると、コリンズさんは写真撮影のときに不在だったハイジのパートナー(お腹の子のお父さん)の代わりを自ら買って出て、 “継父” としてマタニティーフォト撮影に挑んだのだそうですよ。

【ネットで話題に】

コリンズさんがそばにいるおかげで、すっかりリラックスしたのでしょうか。写真に収まるハイジの表情はとても自然で、仲睦まじく寄り添いあう様子は、まるで本物の夫婦のようです。

フェイスブックに投稿されるや否や、前代未聞のマタニティーフォトは大いに注目を集めて、「いいね」の数は最大で3000超に。「かわいい」「すごく好きな写真」「犬、ちゃんとカメラ見てる」「やられたわ〜」といった具合にコメントもたくさん集まっておりました。

【本当のパパがジェラシー抱いちゃうレベル】

ラブラブなマタニティーフォトを見たら、ハイジのパートナーが嫉妬しちゃったりして!? 愛犬が出産を控えているという方は、マネしてみてもいいかもしれませんね♪

参照元:Facebook [1] [2] [3]、Bored Panda
執筆=田端あんじ(c)Pouch

この記事の動画・画像を見る