アニー・ポッツ

写真拡大

大人気オタクドラマ『ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則』のスピンオフとなる、子供時代のシェルドンを主人公に据えた『Young Sheldon(原題)』が製作されるとのニュースは、当サイトでも報じてきた。そんな幼きシェルドンの祖母役が決定したことが明らかとなった。米Hollywood Reporterなどが報じている。

スピンオフでシェルドンの祖母を演じるのは、オリジナル&女性リブート版『ゴーストバスターズ』でジャニーンを演じたアニー・ポッツ。ファミリードラマシリーズ『フォスター家の事情』や『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』にもゲスト出演しているベテラン女優だ。

おばあちゃんっ子だったシェルドンは、オリジナル版でも「ばあば」と祖母のことを慕っていて、劇中ではシーズン8までたびたび話題に上り、ついにシーズン9で登場。成人時代のシェルドンの祖母は、ジューン・スキップ(『ゴースト 〜天国からのささやき』)が演じている。

幼きシェルドン役は『ビッグ・リトル・ライズ 〜セレブママたちの憂うつ〜』に出演していたイアン・アーミテイジ。母親メアリーを演じるのはゾーイ・ペリー(『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』)。ゾーイは、オリジナル版でメアリーを演じるローリー・メカトーフの実の娘で、母娘で違う世代のメアリーを演じることとなる。

『Young Sheldon』は米CBSにて9月25日(月)20:30に第1話が特別プレビューとして放送され、11月2日(木)20:30より正式にスタートする予定。(海外ドラマNAVI)