21日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)で、気象予報士森田正光氏が、天気予報の降水確率を解説した。

番組では「業界グチリ酒」と題し、お天気キャスターの石原良純と森田氏をゲストに、気象予報士ならではのグチをダウンタウンらに漏らしていた。

ここで、坂上忍が「降水確率50%ってどうなんですか?」と話題を持ち出すと、浜田雅功は「半々ていうのはねえ…」とコメントし、松本人志も「あれはズルくないですか?」と意見する。

すると、森田氏は「50%は半々ではなくて、雨が降りやすいということなんです」と説明する。その後も、森田氏と石原が降水確率について話すも、坂上らから分かりにくいとツッコミを入れられる。

そこで森田氏は「じゃあ今(基準を)作りましょう」と提案。続けて、「10%だったら大丈夫、ほとんど降らない」「30%ぐらいから、だいたい降る」「で、50%だったら我々は責任持てません。雨が降るとお考えいただきたい」と雨が降る可能性を具体的に解説した。

森田氏の説明に出演者一同が納得し、坂上が「僕らが感じてる(降水確率)50%っていうのは“50:50(フィフティーフィフティー)”じゃなくて、もう過半数なんですね」とコメント。森田氏も「そうです。50%超えたら(傘を)持ってったほうがいい」と紹介していた。

【関連記事】
気象予報士・森田正光氏が年収告白「数千万円って感じですかね」
石原良純が天気予報の結果に本音「外れても正直気にしない」
気象予報士の森田正光氏が前代未聞の大失態で謹慎処分を受けた過去