21日、韓国・KBSなど複数の韓国メディアによると、日韓両国政府によって15年末に締結された慰安婦問題日韓合意について韓国人の半数以上が否定的に見ている一方、日本人の約4割が肯定的に評価していることが分かった。写真は釜山・日本総領事館前の慰安婦像。

写真拡大

2017年7月21日、韓国・KBSなど複数の韓国メディアによると、日韓両国政府によって15年末に締結された慰安婦問題日韓合意(日韓合意)について韓国人の半数以上が否定的に見ている一方、日本人の約4割が肯定的に評価していることが分かった。

韓国の民間研究機関「東アジア研究院(EAI)」と日本の非営利団体「言論NPO」は21日、東京のプレスセンターで記者会見を開き、日韓両国の国民を対象に実施したアンケート調査の結果を盛り込んだ「第5回日韓国民相互認識調査結果報告書」を発表した。

これによると韓国人の中で、日韓合意について否定的な評価は全体の55.5%で、肯定的な評価(21.3%)の約2.6倍に上った。「どちらでもない」とする回答は23.2%だった。

一方、日本人の中では、肯定的な評価が全体の41.8%となり、否定的評価(25.4%)の約1.6倍となった。「どちらでもない」と答えた人は32.2%だった。

また、「相手国に対する印象が良い」とする回答は、韓国人は、昨年の21.3%から今年は26.8%とやや増加したが、日本人は、29.1%から26.9%に低下した。

北朝鮮の核問題の解決方法について、「6カ国協議など外交的努力の継続」と回答した割合は、韓国人は35.8%だったが、日本人は9.5%にとどまり、両国国民の見解の違いが明確に表れた。

今年の調査は、韓国では19歳以上の1003人を対象に、日本では18歳以上の1000人を対象に6月に実施された。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「否定的な評価が55%しかないのか?実感では80%以上のような気がする」「55%なんて訳ないだろう」「日本でも合意に賛成する人の割合は50%に満たないんだ」など、アンケート調査の結果に関連した意見が寄せられた。

また、「日本で嫌韓感情が生まれるのは、我々のせいとも言える。韓国人は合意をしておいて、簡単にそれを覆す」と、日本での嫌韓感情の理由について分析する意見もみられた。

さらに、「こんなに多くの韓国人が慰安婦合意には反対しているのに、日本車や日本旅行は人気」とするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)