米ニューヨークの地下鉄駅で列車を待つ乗客(2017年7月2日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米ニューヨーク(New York)ブルックリン(Brooklyn)の地下鉄で21日、小規模な脱線事故が起き、乗客135人が最寄りの駅への避難を余儀なくされた。この事故により列車の遅延や運転の見合わせが生じた。当局が明らかにした。

 ニューヨークの都市圏交通公社(MTA)によると、ブライトンビーチ(Brighton Beach)駅付近で午前9時(日本時間同日午後10時)少し前、地下鉄の車両1両が脱線した。だが、この事故による負傷者は出ていない。影響を受けた乗客にはバスによる振替輸送が行われた。

 1日約600万人が利用するニューヨークの地下鉄網は113年の歴史を持つが、長年にわたる投資不足や、保全・整備が先送りされる状況に悩まされている他、列車の遅延、停電、混雑が常態化しているとして非難されている。

 ニューヨークの地下鉄では6月にも2両が脱線し、36人が軽傷を負い、数百人が1時間以上足止めされる事故が起きている。
【翻訳編集】AFPBB News