ゲイレスラーと現役アイドルの異色対決

7月19日に新シングル『意外にマンゴー』をリリースしたSKE48がお下劣な男性から応援されている!? しかし、SKE48ファンたちはその男性に「ケツを向けて寝られない」と深く感謝しているらしい……。その男とは、“ゲイレスラー”男色ディーノのことだ。

<耳マンのそのほかの記事>

男色ディーノは、DDTプロレスリング所属のプロレスラーで、男性客にキスしたり、リング上で尻を出して対戦相手に押し付ける「日本が誇るゲイプロレスの第一人者」(DDTプロレスリング公式サイトより)。ディーノは7月19日にLINE LIVEで生配信された『SKE48 21stシングル「意外にマンゴー」発売記念特番』に出演し、SKE48メンバーとスイカの種飛ばしで対決。敗北したため、「今日から1週間1日1回“意外にマンゴー”を入れてツイート」という罰ゲームが課された。

男色ディーノ、超律儀

まずディーノは配信中に写真を撮影し、その場で「私が女の子と一緒にいるなんて #意外にマンゴー」とツイート。もともとツイート頻度は高くなかったディーノだが、ルールを守るためか、せっせとツイートを続けている。

男色ディーノ Twitter

下ネタキャラである自身が現役アイドルと絡むことに不安もあったものの、とくに炎上は起きていないらしい。ディーノは、「正直SKEの事はよく知らなかったんだけど、素敵なファンを持ってる、それだけでSKEが素敵なグループなんだなと思えたよ。……これであと6日な!」と茶化しながらも温かなメッセージをつづっている(7月19日のツイートより)。

確かにSKE48ファンは、素直にディーノに感謝しているらしい。いくら罰ゲームとはいえ、プロレスファンに向けて律儀に毎日SKE48をアピールしてくれるなんて……。ネット上では、「もうディーノさんにはケツを向けて寝れないな」と称賛されている。ただ、彼はゲイレスラー。「ケツを向けて寝た方が喜ばれる気がする」というツッコミも入っているけれど!

[HEW]