松山英樹【写真:Getty Images】

写真拡大

全英オープン2日目終了、米メディアが優勝をオッズで予想

 海外男子ゴルフのメジャー第3戦、全英オープンは現地時間21日に2日目が行われ、世界ランキング2位の松山英樹(レクサス)は「72」で回り、イーブンスコアの10位タイとなった。この2日間で予選カットラインが決まり、米テレビ局「CBSスポーツ」電子版は今大会の優勝をオッズで予想。松山は“6番人気”となっている。

 2日目は初日と同じく雨が降り、松山は気温が低下する厳しいコンディションでのプレーを余儀なくされた。

 難関の6番パー4でボギーを叩いた直後、7番パー3、8番パー4で立て続けにバーディーを奪うメンタルの強さを見せた。しかし――。後半に入って10番、11番、13番とボギー。14、16番でバーディーを取るも、17番パー5でセカンドショットを引っかけるなどダブルボギーを叩き、初日からスコアを2つ落としてしまった。

 悪天候もあって、この日アンダーパーをマークしたのはわずか8人。ジョーダン・スピース(米国)は初日5アンダーで2位発進した勢いのままに、この日も1アンダーで切り抜けて首位に浮上した。この安定したプレーぶりに、記事では「2ストロークのリードしかないことは少し不合理だ」と記し、“優勝予想オッズ”では本命となる2.25倍をつけている。

「本命」は順当に首位のスピース、2位以降の「対抗馬」と「穴党」は?

 スピースに続く対抗馬とされているのは、首位から陥落したものの通算4アンダーで2位につけるマット・クーチャー(米国)と、この日2アンダーで通算1アンダーの6位タイに浮上したロリー・マキロイ(英国)の8倍だ。

 松山と同組だったブルックス・ケプカ(米国)が9倍、通算3アンダーで3位のイアン・ポールター(英国)は17倍でそれに続いている。

 そして、トップ5に次ぐ“穴党”の一番手として挙げられているのが松山だった。

 優勝争いでは5位のリッチー・ラムゼイ(英国)より順位が下ながらも、29倍の6番人気となっている。6月の全米オープンで、怒涛の追い上げから最終的に2位に食い込んだ実績を買っているようだ。

 世界でも認められている松山の後半の強さ。全米以上の巻き返しを見せて、悲願のメジャー初制覇を手繰り寄せたい。