城島茂(TOKIO)が登壇した『ふくしまプライド。』新CM発表会(C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 人気グループ・TOKIOの城島茂(46)が22日、都内で行われた『ふくしまプライド。』新CM発表会に出席。先月1日、一部でグラビアアイドル・菊池梨沙(22)との熱愛が報じられていた城島は、退場時に「結婚は近いですか?」と聞かれると「今日は“ふくしまプライド”の話なので、“城島ブライド”はちょっと」と苦笑。手に持っていたキュウリを持ち上げて、「キュウリ(急に)そんなこと言われても」とダジャレで話題を交わした。

【写真】新CM発表会に出席した内堀雅雄福島県知事

 福島県では、平成24年度より福島県産農林水産物の風評払拭を図り、県産農林水産物の魅力と安全・安心を伝える活動を行っており、この日はCMキャラクター就任6年目を迎えたTOKIOが出演する新CM「宣言」篇、「夏野菜」篇、「桃」篇(25日より放送)がお披露目された。

 発表会には、福島の農産物生産者が登場し、それぞれ自慢の野菜や果物を持参。生産者がアスパラを紹介すると、城島は「いや〜アスパラは時間がかかりますよね。僕らは3年かかりました。そこから軌道に乗ってくるので、収穫できるようになってからはある程度見込めますけれど、そこまでが大変。採れたてのアスパラは風味が違いますよね」と、“生産者目線”でコメントをしていた。

 内堀雅雄福島県知事から「ふくしまプライド。」のフラッグを託された城島は「僕たちに今できるのは、次の世代が大きくなっていく様をどうやって見つめていくかということ。子どもたちの口に入るものが安心だと思って皆さんが作っています。その気持が誰よりも負けない生産者の皆さんだと思っています」と熱弁。「個人的に言いたかったんです、すみません」と付け加え、強い福島愛をにじませた。