岡山大黒柱離脱…DF篠原弘次郎が全治6〜8週間の負傷

写真拡大

[故障者情報]

 ファジアーノ岡山は22日、DF篠原弘次郎が検査の結果、右大腿二頭筋腱炎と診断されたと発表した。15日の金沢戦で負傷した。全治は6週間から8週間とみられる。同選手は今季は出場停止だった1試合を除き、リーグ戦すべての試合でフル出場を続けていた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ