さらなる意欲を見せた新木優子

写真拡大

 女優でモデルの新木優子が7月22日、初の写真集「ガールフレンド」(SDP刊)の発売記念イベントを都内で行った。

 撮影は、1度仕事で行ったことがあり「街並みや人柄も良くて、ご飯もおいしかった。どこに行きたいか聞かれ、すぐに思い浮かんだ」というスペイン・バルセロナで今年3月に敢行。「すべてが思い出です。前に行った時はあまりお酒を飲めなかったけれど、少し飲めるようになったのでお酒も楽しみました。向こうのサングリアは、たくさんフルーツが入っていてジュースのようなんです」と楽しそうに振り返った。

 発売されたばかりの写真集を手に「一番私らしい、自然体の私が見られる1冊です。120点。大満足です」と満面の笑み。下着姿などセクシーなショットもあり、「ちょっと肌感が多いものをと挑戦したら、撮影は楽しかった。既に手に取ってくださったファンの方からも、気に入ってくださったという意見をたくさんいただいています」と自信をのぞかせた。

 「ガールフレンド」のタイトルも直筆でしたため、男性にとっても女性にとってもガールフレンドという思いを込めた。「女性の方は皆で旅行に行っている気分で、男性の方は2人で行っているのか、大勢でも抜け出して2人で買い出しに行っているような、もう想しながら楽しんで」とアピールした。

 女優としても今年4〜6月のフジテレビ系「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」に続き、現在放送中の同局の月9ドラマ「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」シーズン3に出演と進境著しく、この日もファン1000人が集結。「いろんな方に知っていただけている実感はひしひしあります。ようやく自分の演技を客観的に見られるようになった。自分の演技に納得できる女優さんになりたい」とさらなる意欲を見せていた。