『毎朝、目覚めるのが楽しみになる 大人女子のための睡眠パーフェクトブック』(友野なお/大和書房)

写真拡大

 覚えておくと一生役に立つ「眠り」の話を紹介する『毎朝、目覚めるのが楽しみになる 大人女子のための睡眠パーフェクトブック』が2017年6月23日(金)に発売された。

 ふと「なんだか疲れたな…」と思う時はないだろうか。忙しい日々を全力で駆け抜けるには、夜の時間に「心とからだのスイッチをちゃんとオフにする」ことがとても大切になる。そのカギを握るのが「眠り」だ。

 睡眠は、ただ横たわって“無”になっている数時間ではなく、心、体、脳を休ませる大切な時間。「いい睡眠」をとると、ヘルシーな身体、おだやかな心、美肌、昼間のパフォーマンス向上など、信じられないくらいたくさんのものをプレゼントしてくれる。

 同書は、今夜からすぐにできるティップスなど、最高の明日を迎えるための情報が盛りだくさんの睡眠パーフェクトブック。「ずばり『いい眠り』って何?」「寝ても寝ても寝足りないワケ」「理想的な睡眠時間って、結局どれくらい?」といった知識から、「毎朝、すっきり目覚めるための習慣」「午後がんばれる、正しいお昼寝のルール」といった情報を紹介する。睡眠をとびっきりの時間にして、明日の元気とキレイをチャージしよう。

<目次>
第1章 「眠り」を大切にすると毎日が変わる
・ずばり「いい眠り」って何?
・「今の眠りの質」を確かめるには?
・日本の女性はもっと眠るべき!
・眠らないと「太る・病む・ミスが増える」…など

第2章 からだを守る眠り方
・寝不足だと便秘になりやすくなる
・時間がないときは、とりあえず「3首」をあたためる
・「睡眠五感」で今日をきちんと終わらせる
・熟睡できる寝室づくりのポイントは「温度」と「湿度」…など

第3章 きれいをつくる眠り方
・0円で美肌を手に入れる「睡眠美容」
・小顔をつくる眠り方
・眠るだけで15kgやせた理由
・寝不足は恐怖の「食欲25%UP」
・眠らないと脂肪&糖がほしくなる…など

第4章 昼間がんばれる眠り方
・毎朝、すっきり目覚めるための習慣
・深い睡眠で「5つのスキル」を底上げする
・残業する日は「分食」が基本
・仕事のメールは「夜10時まで」と決める…など

第5章 心を守る眠り方
・3つの「A」で心の疲れに気づこう
・夜の「ひとり反省会」は絶対にやめる
・「なりたい自分」になれるおやすみ前の簡単習慣
・ずぼらでもできる「おやすみアロマ」…など

友野なお(ともの・なお)
睡眠コンサルタント、株式会社SEA Trinity代表取締役、産業心理カウンセラー。日本睡眠学会正会員、日本睡眠環境学会に所属。順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科にて睡眠を研究し、修士号を取得。自身が睡眠を改善したことにより、15kg以上のダイエット、さらに体質改善に成功した経験から科学的に睡眠を学ぶ。行動療法からの睡眠改善を得意とし、眠りのプロとして全国での講演活動、健康・美容市場における企業の商品開発やプロモーションのコンサルテーションなどを行う。著書に『やすみかたの教科書』などがあり、書籍は海外でも翻訳され発売中。

※掲載内容は変更になる場合があります。