指原莉乃が、フジテレビの深夜番組として放送しているレギュラー番組「この指と〜まれ!」。7月21日放送では東京女子流がゲストとして登場した。この番組は、指原莉乃が土田晃之と共にMCをつとめる番組として、アイドルファンにはおなじみの番組となる。

2010年に結成され卓越したパフォーマンスで人気が高いグループだ。指原も「こんなにみんなが大人になっていると知らなかったので」とその成長ぶりに驚くばかり。というのも、指原の開催した「ゆび祭り」に参加をした頃のイメージしか無いからだという。

メンバーの山邊未夢の妹はAKB48の山邊歩夢。妹が「家に返ってくると莉乃ちゃん今日も優しくて」と話していると明かすと、「私のこと莉乃ちゃんって呼んでいる唯一の後輩」「ある日、握手会で楽屋の裏歩いていたら一人で泣いていて、どうしたの?って言ったらそっから仲良くなって。いつも泣いているんです」と意外なエピソードを明かす。すると、土田も「指原と妹さんが仲が良いって話よりもAKB48って大変なんだなって思った」と話し笑いを誘った。山邊家ではお母さんも指原ファンでいつも指原の番組がついているという。指原も「これからも、歩夢ちゃんをひいきする方向に」と話す。

また、お腹が空くと機嫌が悪くなるというマネージャーからのタレコミに、「全員が悪くなる」んだと話し、新井ひとみはタッパーにキヌアをいつも持ち歩いているという。ネットで自分の評価をチェックするというメンバーたち、全員がしっかりと一意見として受け入れているという。また、思い出したくない仕事では庄司芽生は過去に「目の前で人が車に轢かれるというドッキリ」を仕掛けられたと明かす。