新木優子(C)モデルプレス

写真拡大

【新木優子/モデルプレス=7月22日】モデルで女優の新木優子が22日、都内にて1st写真集「ガールフレンド」(7月18日より発売中/SDP刊)の発売記念イベントを開催。囲み取材にも応じた

【さらに写真を見る】自然体な新木優子がどれも息を呑む美しさ…キュートなウインクにイチコロ

同作は、親しい友だちと旅を楽しむような自然体の新木をテーマに撮影。新木自身も「モデルのお仕事も女優のお仕事もしていますけど、1番自然体な私が見られると思います」と手応えをのぞかせた。

撮影は、新木が初めて訪れた外国の地であり、大好きな国スペインのバルセロナで実施。思い出を聞かれた際には「全部思い出ですね…」と選びきれないようだったが、「スタッフさんも気心知れた人だったし、ご飯楽しめたし…。前にバルセロナを訪れた時はそんなにお酒を飲まなかったんですけど、少しずつ飲めるようになってきたので(写真集の撮影期間に)スペインのお酒を楽しめたのが思い出かな」と微笑んだ。

また、“自然体”を切り取った写真集の撮影と、女優業の時の撮影との違いを尋ねられる一幕も。

新木は真剣な眼差しで、「女優をやっているときは役に寄り添っていく感じなので、自分よりも、その時どんな役をやっているかが大事かなと思いますし、役によって気持ちも変わったりするので。でも、写真集の場合は“私らしくしていい”というか、何をしても自分らしさが写真にでれば素敵な作品になるなと思いました。好きなモノを食べたり、バルセロナの中でも自分の好きな場所を選ばせてもらったり。そういったところが違いです」と語った。

◆新木優子のお気に入りカットは?


同作には、海辺のカットが多数収録されており、「(撮影は)今年3月だったので、すごく楽しそうにしてますけど冷たくって(笑)。『冷たい』って言いながら撮影していましたけど、今となってはいい思い出ですね」としみじみ。お気に入りの写真には、グエル公園で撮影したカットを選び「すごく素敵な公園で、衣装も印象に残るようにしようって真っ赤で行って、すごく合っていて公園の空気感が写真に出てるかなと思います」と紹介した。

さらに、報道陣から海辺で自転車に乗っている写真に「もし、セリフのようなものを付けるとしたら?」とお願いされた際には、「セリフ!?」と驚きながらも、「一緒にサイクリングしているという設定なので、『早く〜』とか言っているのかな」と新木。続けて、振り返りながら小指を立てた手を伸ばしている写真にも“セリフ当て”を求められると、「これは決まってます。みんなで旅行にきて、夜に『買い出し行ってきてよ』って言われて、誰かと2人で出かけた時に“なにを買い出すか数えているところ”」とシチュエーションを説明した上で、「『あれと、これと、これと、これだね!』って言っているところです。『あっ、4コだね』みたいな(笑)」と楽しそうに話した。

すると、“4コだね”ポーズについては、テレビカメラに向かって改めて再現のお願いも。照れつつ「4つであってるよね」と披露し終えると「恥ずかしい(笑)」をうつむいていた。

◆新木優子「120点です」


そして、同作にはSEXYなショットも掲載されており「普段なかなか雑誌の撮影ではやることがなかったので、今回自分の写真集で肌感が多いものをやってみよかって挑戦してみたら、撮影は楽しかったです。ファンの方からピンクのちょっとセクシーな写真も気に入ってくれたという意見も頂いたので良かったです」と満足そうな表情。

実際、今作は「120点です」と嬉しそうに自己採点。次作について話が及ぶと、「今回はすごく自然体な私らしい1冊だったので、次出すとなったら20代後半になると思いますし、ちょっとオトナの色気も出てくるかなと思うので、艶っぽいのが出せればいいかな」と思いを膨らませていた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】