Lenovoが自社の主催するイベントTechworldにて、自由に形状を変えて身につけることのできる次世代スマートフォンを展示しています。有機ELディスプレイの低コストでの量産が本格化するに従い、こういったウェアラブルタイプのスマートフォンが主流になっていくと考えられます。

2〜3年以内に市場へ投入するとコメント

LenovoがTechworldで公開したスマートフォン「Cplus」は、自由に折り曲げ可能という次世代デバイスです。画像では腕に巻きつけて、ウェアラブルのようにして利用できる様子が確認できます。
 

 
使用されているのは、4.35インチの有機EL(AMOLED)ディスプレイで、背面ボディの色を自由に選ぶことができます。また、差し替えが不要である次世代SIMカード「eSIM」が利用可能です。
 
残念ながら、今回のイベントで展示されているのはコンセプトモデルであり、商品化への具体的な計画は立っていませんが、ニュースサイトIT之家がLenovoへの取材を行ったところ、2〜3年以内には量産し市場に投入する見通しとのことです。

OLEDの進化で現実味を帯びてきた

自由に形を変えられるタイプのスマートフォンは、2008年にNokiaがコンセプトとして発表したMorphに代表されるように、以前から様々なスマートフォンメーカーによって開発が進められてきました。
 
近年になって、巻物のように扱えるOLEDディスプレイの開発が本格化の兆しを見せてきたこともあり、LGやSamsungなどがスマートフォンやタブレットへの適用を計画していると言われています。
 
 
Source:IT之家
(kihachi)