悪気なく口にした言葉が、ある血液型にだけは地雷だったり、ほめたつもりが、相手にはまったく響かなかったり…。“素直に言うことが誠意”と思っているフシがあるB型の人が踏みやすい地雷は…? 「仕事相手」への血液型別“地雷ワード”を徹底解説!

ストレートすぎる物言いで、他の血液型を傷つけてしまう事態が度々発生するB型。B型同士に至っては、お互い譲らない性質ゆえ、主導権争いが勃発!

B型が「A型相手」に踏みやすい地雷

段取りが大事なA型は、B型の自由な発想や、明るいノリについていけないところが。A型に同じテンションを求めると、困惑されてしまうので要注意。

「何かいいアイデア思いつかない?」じっくり考えたいA型に対して、突然のむちゃぶりは禁物。

B型が「B型相手」に踏みやすい地雷

自分への興味が強い者同士。相手のペースにのまれないよう牽制する言葉を投げがち。それが相手の主導権を握りたい気持ちを刺激し、険悪モードに。 「空気読もうよ〜」「そのセリフこそ空気読んでいない!」と、B型の相手はイラッ。

B型が「O型相手」に踏みやすい地雷

B型はO型のアツい性質を、押しつけがましく感じることも。基本的には信頼し合える血液型だけに、受け流そうとすると、O型のショックは大きい。

「それちょっと違うかも」わかってくれるはずと思っていたB型に否定されると大打撃。

B型が「AB型相手」に踏みやすい地雷

論理的なAB型は、行動派のB型からすると、まわりくどく思えてしまう。それを悪気なく言ってしまうところが、ナイーブなAB型に嫌がられがち。 「やっちゃったほうが早くない?」せっかく組み立ててきた論理を、ひと言で一蹴される感じがNG。

監修・金森藍加さん 占い研究家。血液型をはじめ、タロットや人相学、ケルト占星術などを幅広く研究。共著に『正しい占いのすすめ』(河出書房新社)がある。

※『anan』2017年7月26日号より。イラスト・長谷川まき 文・保手濱奈美

(by anan編集部)