(c)TBS

写真拡大 (全3枚)

 22日放送のトーク番組『サワコの朝』(TBS)に浅田美代子が登場した。

 『時間ですよ』(TBS)で女優デビューし、『寺内貫太郎一家』(TBS)などに出演。歌手デビューも果たし、『さんまのからくりTV』では個性的なキャラを爆発させた。

 阿川佐和子とのトークのなかでは、ドラマ出演中、演出家・久世光彦氏や樹木希林との思い出を語り「いい時代にいた」とぽつり。『さんまのからくりTV』については、「最初は1クールか2クールくらいの出演かと思っていたけど、20数年やった」と振り返った。一時は明石家さんまとも噂になったが、そのことを阿川に聞かれると「なんだろ、同級生とかそういう感覚。そのおかげで、本当に彼氏ができない時期があった」と笑った。また「あと知的が役がこなくなった(笑)、弁護士とかお医者さんとか」と続けた。

 浅田美代子は吉田拓郎と結婚するも1983年に離婚し、現在61歳。5月に63歳で結婚した阿川佐和子に会うなり「裏切者、結婚したでしょ。仲間だと思ってたのに」と浅田。阿川が再婚しないのかと聞くと、浅田は「無理でしょ、年だし」と回答。これに対して阿川が「歳関係ないでしょ」というと、浅田は改めて阿川を見ながら「あっ、そうだったね」と笑う場面もあった。