<IBF世界ミニマム級タイトルマッチ>計量を終えファイティングポーズを取るアルグメド(左)と京口

写真拡大

 ボクシングのダブル世界戦(23日)の調印式と前日計量が22日、試合会場の東京・大田区総合体育館で行われた。IBF世界ミニマム級タイトルマッチの計量は挑戦者の同級9位・京口紘人(23=ワタナベ)がリミットいっぱいの47・6キロ、王者ホセ・アルグメド(28=メキシコ)は500グラムも軽い47・1キロで、ともに一発パスした。

 計量後の2ショットの撮影で、はかりの上に乗ったままの京口に対し、アルグメドは「下りろ」と要求した。「結構、なりを気にするタイプと思いますね」。苦笑した京口は炭酸飲料「オランジーナ」のスパークリングを口に含み、水分補給。「今回は減量中に5リットルぐらい飲んだ」と明かし、「この後はデニーズでたらこパスタとオムライス、夜は参鶏湯を食べようかと思います」と話した。調印式ではアルグメドが「相手が倒れるまでやる。明日は京口との戦争だ」と意気込んだのに対し、「戦争は自分は好きじゃない。世界平和を大事に思っているので」と“本田圭佑流”で切り返し。「リングの上ではしっかり打ち勝って、僕がチャンピオンになる。ボクシングを始めた時からの夢だった世界チャンピオンに何が何でもなる。インパクトあるKOで勝つのが理想」と抱負を述べた。

 なお、使用グローブはメキシコ製8オンスで、色は京口が「自分のソウルカラーやと思っている」オレンジ、アルグメドが青を選択。オフィシャルはレフェリーがマリック・ワーリード氏(米国)、ジャッジはマイク・フィッツジェラルド(米国)、カルロス・コロン(プエルトリコ)、野田昌宏(日本)の3氏が務める。