Photo by cinemacafe.net

写真拡大

俳優の間宮祥太朗が7月22日(土)に行われた主演映画『劇場版 お前はまだグンマを知らない』の初日舞台挨拶に出席。「群馬では空前の、局地的大ヒットとなっている」と群馬を自虐的な視点から描く本映画がご当地で大ヒットとなっている喜びを語った。
本作は、群馬県の“あるある”を圧倒的熱量で描いた井田ヒロトによる同名コミックをもとにしたテレビドラマの劇場版。グンマに転校してきた高校生・神月が、郷土愛あふれるクラスメイトたちに翻弄されながら、奮闘する姿を描く。この日は、吉村界人、馬場ふみか、入江甚儀、加治将樹、山本博(ロバート)、水野格監督、群馬県のマスコット、ぐんまちゃんも登壇した。

群馬では7月15日(土)より先行公開されているが、3日間で3,000人以上の観客が駆けつけたそう。間宮さんは「群馬で局地的大ヒットとなっている。全国の方に観ていただける日が訪れて、楽しみです」とにっこり。水野監督も「満席でした」と続けると、群馬出身の山本さんは「実家では、『ものすごい数の人が入った』と号外が出たらしい!」と明かし、「群馬のことを全国の人に見てもらうことはない。ちょっと恥ずかしい」と複雑な心境を語っていた。

山本さんは「“群馬の姫”と言われている井森さんから『絶対に外すんじゃないぞ』と言われている」と同じく群馬出身の井森美幸から脅しのようなエールをもらったそう。劇中には井森さんの踏み絵が登場するシーンがあるが、「僕は絶対に踏めません」と話して会場の笑いを誘っていた。

顔芸をはじめ、振り切った演技で主演を果たした間宮さんだが、本人は「神奈川県出身」とのこと。「この作品を観終わった後に、地元である神奈川のことをまだまだ知らなかったと感じた。これから知っていかなきゃなと思った」と自身も改めて地元愛に目覚めたそうで、「ただただくだらない映画ではない。もちろんくだらないですが、その奥には自分の生まれ育った場所への愛があることが伝わる映画」と熱くアピールしていた。

『劇場版 お前はまだグンマを知らない』は全国にて公開中。

(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
間宮祥太朗、『おまグン』で渾身の顔芸披露「毎朝顔のストレッチした」
“リアル北関東”出身者が新キャストに!間宮祥太朗主演『お前はまだグンマを知らない』劇場版
間宮祥太朗の「痩せろ」に、土屋太鳳がアドリブで心の叫び「そこそこスリムだろうが!」
窪田正孝&間宮祥太朗ら「DISH//」とユニット結成!「僕やり」イベントでライブも
【インタビュー】間宮祥太朗 コミカル演技もハマる個性派「年を取っても味のある役者に」