北朝鮮の慈成男国連大使が米国からビザの更新を拒まれ、5月から約2カ月間にわたり失効した状態に陥っていたと21日、分かった。共同通信が報じた。

 国連大使のビザが長期間更新されないのは異例で、米政府は理由を明らかにしていない。

北朝鮮国連大使のビザ拒否 米政府、2カ月更新せず(共同通信)