神戸市の5人殺傷事件 容疑者が語る犯行動機に捜査幹部「飛躍がある」

ざっくり言うと

  • 神戸市の5人殺傷事件の容疑者の供述に対し、捜査関係者が見解を示している
  • 容疑者は「学校や職場が面白くなかった」「うまくいかなかった」などと供述
  • 捜査幹部は境遇に不満があれど、殺す行為との間に飛躍があると指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング