ASTRO チャ・ウヌ「最高の一発」放送終了の感想を伝える“僕に強力な一発を飛ばした作品”

写真拡大

KBS 2TV「最高の一発」で気難しいトップスターMJで活躍しているASTROのチャ・ウヌが放送終了の感想を伝えた。

チャ・ウヌは22日、ASTROの公式インターネット掲示板を通してドラマ「最高の一発」放送終了の感想と共に写真を掲載した。公開された写真の中でチャ・ウヌは最終回の台本を持って「最高の一発」を表現した親指を立てたポーズをしている。

「最高の一発」最後の撮影を終えたチャ・ウヌは「『最高の一発』は僕に強力な一発を飛ばしてくれた作品だ。初めてのドラマ挑戦だったが監督、先輩、そして多くのスタッフのおかげで楽しく撮影しながら演技について多くのことを学べる機会だった」と感想を明かした。

続いて「気難しいけれど、憎めないMJを表現するために色々悩んだが、多くの先輩たちが助けてくれて感謝する。特にユン・シユン先輩とアドリブをした場面が放送に出たとき、そしてチャ・テヒョン先輩から褒められたときとても嬉しかった」とし、「愛してくれた視聴者の皆さん、ファンの皆さんに感謝し、これから機会があればより良い演技で発展した姿を見せたい」と放送終了の感想を伝えた。

チャ・ウヌが演じたMJはスターパンチの代表アイドルで、現存する最高の韓流スターでルックスと実力、どれ一つ抜かりのない天才アイドルだ。完璧に見えるが、実は間抜けな姿と“オヤジギャグ”が好きな意外な魅力を披露し、“存在感妖精”として活躍した。

また、チャ・ウヌはユン・シユン、ホン・ギョンミン、キム・スンヒョン、イ・セヨンなど多くの先輩俳優と特別なケミ(ケミストリー、相手との相性) を見せた。さらに安定した演技力でASTROのときとは異なる、俳優チャ・ウヌとしての一風変わった魅力をアピールし、演技ドルとして成功し、これからの活動にも期待が高まっている。

“存在感妖精”で最後まで活躍するチャ・ウヌの姿は、韓国で本日(22日) 夜11時放送の「最高の一発」最終回で確認することができる。