ヨーロピアンスタイルのデザインと日本のきめ細かな洗濯機能の融合

写真拡大

生活家電を扱うアクア(東京都千代田区)は、洗濯・脱水容量8キロのドラム式全自動洗濯機「AQW-FV800E」を2017年7月20日に発売した。

業界トップクラスの節水仕様

「フラット&スクエア」のシンプルで使いやすいヨーロピアンスタイルのデザインを採用。

エリ袖の皮脂汚れや黄ばみをすっきり洗浄し、肌着の除菌もできる「お湯洗い洗浄」を搭載。設定温度は「洗浄コース」20/30/40度、「つけおきコース」40度、「除菌コース」60度から選べる。

予洗いで泥汚れを洗い落とし、排水後の本洗いでさらにしっかり洗い上げる「泥んこ予洗いコース」、ダウンジャケットやコートをまるごと洗える「ダウンコース」などを備える。衣類の素材や天気に合わせ、脱水回転を5段階で設定可能だ。

標準使用水量は業界トップクラスだという約57リットル。同社のタテ型タイプと比べ約42リットル節水できるという。DDインバーターモーターの採用により低騒音を実現し、早朝や深夜でも気兼ねなく洗濯できる。

カラーはホワイト。

価格はオープン。