フィルジル・ファン・ダイク【写真:Getty Images】

写真拡大

 サウサンプトンのDFフィルジル・ファン・ダイクが今夏の移籍を希望している。マウリシオ・ペジェグリーノ監督が英メディア『BBCラジオ』で認めた。

 ファン・ダイクに対してはこの夏、リバプールが関心を示していた。だが、クラブを通さず直接選手側と接触したことにサウサンプトンが抗議すると、リバプールは公に謝罪して同選手の獲得から手を引くことを表明している。

 だが、ファン・ダイク本人はチャンピオンズリーグでのプレーを熱望しており、サウサンプトンから移籍したいと願っているという。

 ペジェグリーノ監督によると、「彼は移籍したいからプレーできないと言った」。そのため指揮官は「良いフィーリングでないなら、その時期が去るまで一人で練習してもらうことになる」と伝えたそうだ。

「メンタル的に彼は100%ではないから、チームには関与しない。私はサウサンプトンのために100%でやれる選手と仕事をする必要がある。それは私にとって簡単なことだ」

 ファン・ダイクの去就は、同じポジションの日本代表DF吉田麻也にも影響があるはず。クラブと選手は、どのような結論を出すのだろうか。

text by 編集部