Photo by cinemacafe.net

写真拡大

イギリス王室のウィリアム王子とキャサリン妃の第1子、ジョージ王子が22日(現地時間)に4歳の誕生日を迎えた。
ジョージ王子は2013年7月22日16時24分(現地時間)、ロンドンのパディントンにあるセント・メアリー病院で誕生。体重は8ポンド6オンス(約3,800グラム)だった。母子ともに健康で、誕生翌日の23日(現地時間)には退院するキャサリン妃に抱かれて、病院前に集まった市民や報道陣に初お目見え。白いおくるみから覗く小さな両手の動きがお手ふりのようにも見えて、早くもイギリス王室の一員としての役割を果たしていた?!

キャサリン妃&ジョージ王子-(C) Getty Images
同年10月23日(現地時間)にロンドンのセントジェームズ宮殿にある礼拝堂で洗礼式が行われた。これまでのイギリス王室の通例にとらわれず、ウィリアム王子の母・ダイアナ元皇太子妃がパリでの交通事故で亡くなった後、葬儀まで遺体が安置されていた礼拝堂で敢行。出席者はわずか22人。従来、王室関係者のみが務めてきた洗礼の証人である立会人としてウィリアム王子夫妻は学生時代の親友や幼なじみを招き、伝統にとらわれすぎないスタイルも話題になった。

ウィリアム王子&キャサリン妃&ジョージ王子-(C) Getty Images
2014年4月に、生後8か月で両親とニュージーランドに。初の公式外遊に赴いたジョージ王子は好奇心旺盛で、同じ年頃の乳児と一緒に遊ぶ時も活発な表情を見せていた。

ジョージ王子-(C)Getty Images
続いて訪問したオーストラリア・シドニーのタロンガ動物園では、珍獣ビルビーとの対面に大興奮。ガラス越しに食い入るように見つめた。その後、キャサリン妃からビルビーのぬいぐるみを手渡されると、一瞬興味を示すも、すぐ放り投げてしまったのはご愛嬌。

ジョージ王子-(C)Getty Images
ロンドンでは自然史博物館で開催のチョウの展覧会にも連れて行ったり、ウィリアム王子夫妻はジョージを積極的に自然に触れさせる方針の様子。ウィリアム王子が毎年参加するポロのチャリティ試合観戦では芝生をハイハイしたり、ボールを遊ぼうと動き回り、デニム姿のキャサリン妃が元気すぎる王子の後を笑顔で追いかけていた。

クリスマスにはケンジントン宮殿の中庭で撮影した公式ポートレイトが公開された。

白いシャツに衛兵の模様が編みこまれた紺のニットのベストに白いシャツ。半ズボンにソックス、革靴という王室の男の子定番のコーディネート。王子の着る服は常に注目の的で、このとき着用のキャス・キッドソンのベストはすぐに完売になったそう。

ジョージ王子-(C)Getty Images
■2015年

5月2日(現地時間)に妹シャーロット王女誕生。ウィリアム王子に抱っこされてキャサリン妃と妹の待つ病院を訪問した。パパは白いシャツにブルーのセーター、ジョージ王子は白いシャツにブルーのカーディガンで軽くペアルック風な装いで、パパが集まった報道陣や市民に手を振るのを見ると、自らも手を振ってみせた。お兄ちゃんになり、王室の一員としての自覚もいよいよ本格的になった様子。

ジョージ王子&ウィリアム王子-(C)Getty Images
数週間後には妹を抱っこする2ショット公表されたが、撮影はアンとキャサリン妃! 生まれて間もない妹をそっと抱える右手を、そのシャーロット王女が軽くつかんでいて、王子はちょっとはにかみながら、とっても嬉しそう。この表情やアングルが、かつてウィリアム王子が弟ヘンリー王子の誕生後まもなく撮った2ショットによく似ていたことも話題になった。


6月13日(現地時間)に曽祖母であるエリザベス女王が89歳を迎えた誕生日式典「トゥルーピング・ザ・カラー(Trooping the Colour)」に初めて出席。軍服姿の父に抱かれた王子は水色のロンパース姿だったが、実はこの装いはかつてウィリアム王子がトゥルーピング・ザ・カラーに初出席したときに着ていたもの。大切に保管してあったようで、伝統が父から息子へ受け継がれたことが反響を呼んだ。

英ウィリアム王子&キャサリン妃&ジョージ王子 -(C) Getty Images
■2016年

1月(現地時間)からはノーフォーク州のウェストエーカー・モンテッソーリー幼稚園に通い始める。青のコートに水色のリュックを背負って、子どもたちが遊ぶ様子を描いた園の壁画を背にしたキャサリン妃撮影の登園ショットも公開された。

3月には初めての家族旅行で、フレンチ・アルプスへ。それまでの旅行は両親の公務への同行だったので、完全なるホリデーはこれが初めて。アルプスの自然に囲まれて、楽しい時間を過ごされたに違いない。

4月にはケンジントン宮殿を訪問したオバマ大統領をパジャマにガウン姿でお迎え。しゃがんで王子と視線の高さを同じにした大統領の顔を見つめ、少々緊張の面持ちで握手。もちろんこのガウンも即完売になった。

英ウィリアム王子&オバマ大統領&ジョージ王子-(C)Getty Images
同じ頃、曽祖母・エリザベス女王と祖父のチャールズ皇太子、ウィリアム王子と4世代の君主が勢ぞろいしたポートレイトが公開に。女王の90歳のお誕生日を祝う記念切手のために撮影されたが、椅子に座った大人3人と並んでも立ってもまだ小さなジョージ王子は、積み重ねたブロックの上に立って撮影。ちょっとした冒険が楽しかったらしく、いつもに増して満面の笑みだった。



3歳の誕生日には、ケンジントン宮殿が王子のプライベート・ショットを公開。ロンドン郊外にあるノーフォーク州の自宅で撮影したもので、「ウィリアム&キャサリン」と彫られたブランコに立ち乗りする姿や愛犬にアイスクリームを食べさせようとする写真も。のびのびと育っている様子が伝わり、微笑ましい。



9月には家族でカナダを公式外遊。背も伸びて、少年らしさも出てきた王子だが、時差のせいもあってか、到着時は少し眠たそう。手を振って歓迎に応えたものの、カナダのジャスティン・トルドー首相がハイファイブの仕草をしても、きょとんとしたまま、という瞬間もあった。

ウィリアム王子&キャサリン妃&ジョージ王子&シャーロット王女-(C)Getty Images
■2017年

5月20日(現地時間)にはキャサリン妃の妹、ピッパ・ミドルトンの結婚式に出席。ページボーイのお役目を仰せつかり、他の子どもたちと一緒にお揃いの衣装で白い花びらを撒いていたが、ママに叱られて泣き顔になっていた瞬間が。Daily Mailなどイギリスの大衆紙によると、ちょっといたずら心を起こして、花嫁のドレスのトレーンを踏んでいたのが原因だったとか。

キャサリン妃&ジョージ王子&シャーロット王女-(C)Getty Images
そして7月17日、4歳の誕生日を目前に家族でポーランドとドイツを公式訪問。ワルシャワの空港に降り立った飛行機の窓から、シャーロット王女と歓迎の様子をチェックしていた。タラップを降りるときは、なぜかちょっと浮かない表情。機内にとどまりたい様子を見せたが、ウィリアム王子がしっかりと手をつないで何か言い聞かせると、しっかりとした足取りでレッド・カーペットを歩いた。次の訪問地、ベルリンに到着時はさらに眠たそうで目をこすりながらの登場。ロイヤル・ファミリーの一員と言っても、まだまだ幼い男の子。自然な振る舞いに「愛らしい」「癒される」という声が上がっている。

ジョージ王子-(C)Getty Images
9月からはロンドン南部のバタシー地区にあるプリスクール「トーマス・ロンドン・デイスクール」に通う予定。すくすく健やかな成長をお祈りしたい。

(text:Yuki Tominaga)

■関連記事:
ジョージ王子、かわいらしさ発揮!ポーランド・ドイツ訪問ツアー初日
キャサリン妃・妹の挙式にジョージ王子&シャーロット王女も!メーガンは披露宴に
ジョージ王子&シャーロット王女、クリスマス礼拝で注目を浴びる
ベン・アフレック、息子が遊んでいる相手がジョージ王子だと気付かず…
ジョージ王子&シャーロット王女の愛らしい姿に世界が熱狂!