加藤一二三 九段

写真拡大

 タレントの野沢直子(54)が、「ひふみん」の愛称で人気沸騰している将棋の加藤一二三九段(77)を初めて見て「何!?この1人ジブリ」と驚いたことを、22日放送の読売テレビ系「特盛!よしもと」で打ち明けた。

 米国暮らしが長く、夏だけ日本に帰国する野沢は今までひふみんを見たことがなく、「ひふみんを昨日初めてテレビで見て、もう1人で大爆笑」と大ウケしたことを説明。

 「何!?この1人ジブリと思って。1人ジブリじゃん、この人。実写!?かわいい」と、ファンタジーの登場人物のようなひふみんの存在感に驚かされたことを明かした。

 これには後輩芸人も強く同意。司会のタレント・今田耕司(51)は「何役もできるわ。ネコバスもできるし、トトロもいけるやん。全部できるわ。愛すべきですよね」とうなずいていた。