カンニング竹山

写真拡大

22日、カンニング竹山が自身のTwitterアカウント上で、創価学会公明党への偏見を反省した。

竹山は、まず「創価学会も公明党も全く支持してなく好きか嫌いかで言うと凄く嫌い」と、自身の宗教や政党に対する感情を明らかにする。

その上で竹山は、公明党代表・山口那津男氏の話しを聞く機会があったようで、「凄く話もわかりやすく感じがよいおじさん」とその印象を説明したのだ。山口氏との出会いから竹山は「特定の団体を偏見の目で見るクソな大人になってしまった事を反省したい」と、これまでの自身の偏見を自省する。

最後に竹山は「人対人、これが1番大事なんだな」と自戒し、投稿を締めくくっていた。
【関連記事】
カンニング竹山が上西小百合氏の発言に皮肉「国民全員がお前や!と突っ込む朝」
カンニング竹山が松居一代を「病気」と断言…メディアに「いじっちゃダメ!」
カンニング竹山が生放送中の居眠りを告白「つまらなくて寝たんじゃない」