井上公造氏

写真拡大

21日放送の「キャスト」(朝日放送)で、芸能リポーターの井上公造氏が、松居一代が訴える「事務所の圧力」について反論した。

番組では、船越英一郎の所属事務所が、名誉毀損および業務妨害などで松居を提訴する方針を発表したことを話題にした。松居は船越を非難する動画を連日のように投稿しており、所属事務所に対してもテレビ局へ圧力をかける“黒い権力”であると非難している。

松居の指摘に、井上氏は所属事務所がテレビ局に「一方的な報道は控えてほしい」との主旨のFAXを送付したことを松居が“黒い権力”と判断したと説明。そのうえで事務所側の対応を「当たり前です」と擁護したのだ。

井上氏によると、報道側が規制を強いられる事態が「圧力」の正しい使い方であるとし「(報道側である)僕らは圧力を全く感じていません。自由にしゃべっています」とコメントした。

さらに井上氏は「これはとんだお門違いです」と、松居による訴えが見当はずれであることを指摘した。

【関連記事】
井上公造氏 船越英一郎の所属事務所が松居一代を訴える発表をした理由を推測
井上公造氏が船越英一郎と大宮エリー氏の関係に言及「間違いなく何もない」
小木博明 松居一代と船越英一郎の離婚騒動で受けたとばっちり