冷えっ冷えドリンクが飲めるマイボトルはカラーリングも大事です

写真拡大 (全5枚)

夏場の熱中症対策や、日常的な防災への備えとしてもあらためて注目されているのが携帯用マイボトル。だれでも1本は持っていますよね。

数ある水筒のなかでも定番なのがサーモスの「真空断熱ケータイマグ」。性能や機能性にこだわるなら、やっぱりこれ!  と長年選ばれてきた信頼のブランドです。特にコンパクト設計とワンタッチオープンで人気の「JNLシリーズ」は、2012年の発売以来累計出荷数1200万本超という同社自慢のロングセラー。その人気シリーズが、この秋全容量ともカラーを一新、新しい表情で登場です。

▲「JNL-503(0.5L)」

持ち歩きやすい容量が普段使いにぴったりの0.35Lと0.5Lは、それぞれ5色をラインナップ。定番のブラック、レッドに加えてパステル系はゴールド、ミント、パープルにリニューアル。大人女子にも似合うニュアンスカラーがステキです。

▲「JNL-503」(0.5L)

一方、大容量の0.6Lと0.75Lは、ボディカラーはそのままにロックリング部分のカラーを変更。特にブラックとブルーは、それぞれイエロー、ライムグリーンのポイントカラーでよりスポーティな雰囲気に。ランニングやジムワークなど汗をたっぷりかくシーンにぴったりです。

▲「JNL-603」(0.6L)

▲「JNL-753」(0.75L)

価格は容量別に、0.35L 各5940円、0.5L 各6480円、0.6L 各7020円、0.75L 各7560円。発売は9月1日から。

>> サーモス

 

(文/&GP編集部)