リンキン・パークのC・ベニントン死去、関係深いバイエルンも追悼

写真拡大

ドイツ・ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンは、リンキン・パークのフロントマン、チェスター・ベニントンを追悼した。

20日、アメリカの人気バンドであるリンキン・パークのボーカルを務めていたチェスター・ベニントンが自殺し、世界に衝撃が走った。

なぜバイエルン・ミュンヘンが彼を追悼したかといえば、リンキン・パークとは非常に縁が深い関係だったからだ。

2015年に中国ツアーを行っていたバイエルンの試合に、ちょうど上海でライブを行っていたリンキン・パークのベーシストであるデイヴィッド・ファレルが訪れたのだ。

それをきっかけに交流を深め、ドイツでのコンサートではジェローム・ボアテングが訪問するとともに、アリアンツ・アレナにもメンバーを招待している。

それだけではなく、共にNPO『Music for Relief』のチャリティー活動を行ってきた。チェスター・ベニントンとデイヴィッド・ファレルは特に積極的に関わってきた2人である。

今年5月にはバイエルン・ミュンヘンの優勝に向けてリンキン・パークが祝福のメッセージを送っており、その後アリアンツ・アレナでパフォーマンスをしてくれるよう依頼していたばかりだった。

11月には来日も予定していたチェスター・ベニントン。R.I.P.